紅葉狩りデートの服装7つ【可愛くアクティブに!】両方叶える

紅葉デートの服装ってどうしますか?テキトーに、これでいいや!と思って着ていくと周りの人に『うわ…、何あの子』と思われちゃうかもしれません。恥をかきたくないなら見ておくべきな、紅葉デートのOKファッションとNGファッションを紹介します。

紅葉狩りデートの服装7つ【可愛くアクティブに!】両方叶える

秋デートといえば…?

秋の行楽シーズン、デートするなら美術館?それとも映画館?選択肢はいろいろですが、この季節しかできない秋デートといえばやっぱり紅葉狩りデート
キレイな紅葉の見られる場所の条件は、“十分に日光が当たり、水分も豊富なところ”。木々が活発に働いているから、空気が澄んでいて癒し効果もバッチリ。そんな紅葉の美しい場所に彼とふたりで温泉旅行…なんて言ったら、夏の疲れを癒すにはもってこいですよね

そんな紅葉狩りデートですが、コートを着るには早いけれど、朝晩は何かを羽織らなければかなり寒い…など、着ていく服装に悩む女性も少なくないハズ。
そこで、秋デートに出かける前に知っておきたい、かわいくて動きやすいを叶えるアイテムと紅葉狩りに不向きな要注意ファッションをご紹介します☆

“可愛くアクティブに”を叶えるアイテム

まずは気になる秋の紅葉狩りデートにオススメのアイテムから!

アイテム1:女性らしいけど動きやすい!ショートパンツ

紅葉デートにぴったりのショートパンツ

紅葉狩りはアウトドアなので、ワンピースやスカートは避けたい。でもロングパンツやデニムだと女性らしさに欠ける…という時にオススメしたいのがショートパンツ
元気に動けて機能性も抜群のショートパンツには、カラフルなタイツや柄物のレギンスを合わせると、季節感がでる上に女の子らしさも出せて◎。

アイテム2:もっと足もとを温めたいならレッグウォーマー

ショートパンツやスカートの下に、タイツやレギンスを合わせました。でも、まだ寒い!足もとが冷える!という場合には、さらにその上にレッグウォーマーをプラスしてはどうでしょう。今は種類も色々で、フェイクファーやボア素材のものもありますから、防寒とはいえ立派なお洒落アイテムなんです。靴と同系色でまとめれば、ブーツのように見えて足長効果が狙えたりもします。

アイテム3:程よくかわいく防寒したいなら…ポンチョ

紅葉デートにゆるふわカワイイポンチョ

ニットのポンチョはほっこりとした女の子らしさバツグンのアイテム。選ぶときはボタンのついたものを選ぶと、脱ぎ着しやすく体温調節しやすいですよ。寒さ対策にはもってこいのアイテムです☆ただ、ニット素材は風を通すので、風が気になるという場合には、網目のつまったものや、片面にナイロン素材の布などがついたリバーシブルのものを選ぶといいでしょう。
また、木々が生い茂る中を歩く場合には、飛び出した枝にニットをひっかけてしまうことがよくあるので、気をつけてくださいね。

アイテム4:ごつめだけどそこが◎!なトレッキングシューズ

紅葉狩りにはトレッキングシューズ

アウトドアデートで歩きやすさ、動きやすさを重視するならトレッキングシューズは鉄板。なんだかごついイメージと思われがちですが、女性らしい色合いのものや折り返しがチェック柄のものなど、バリエーションも豊富になってきているんです。また、女性があえてごつい靴をはくというのも、逆にかわいいものです。紅葉狩りに行くなら、トレッキングシューズ+カラフルな靴下で、相性バッチリの今っぽい足元に仕上げましょう。

アイテム5:色とりどりナイロンジャケット

ポップでカラフルなナイロンジャケットは、紅葉にも負けない色使いができるアイテムのひとつ。軽くて楽チンなのも魅力です。持ち運びも楽でしわになりづらいですので、不要な時には脱いでさっと畳んでカバンに入れておけます。ただし、あんまり派手なものだと紅葉の色が映えなくなりますから、色選びのセンスが問われます。

紅葉に合う服装

  • カラフルでも、暗めの色も入ったものを選ぶ
  • 原色一色だけのものより、いろんな色が組み合わさったものを選ぶ

色選びに悩んだら、以上の2点に気をつけるとコーデがしやすくなります。

ちなみに紅葉に合う色って?

紅葉の赤や黄色に合わせた色でコーデをまとめるのもあり。基本的にグレーやネイビー、グリーンなどの秋色は、紅葉の色にピッタリのカラーです!

また、がっちり登山デートするならナイロンジャケットよりも防寒性に優れているマウンテンパーカーがオススメ。

アイテム6:防寒にもなるバンダナやスカーフ

いくらジャケットなどを着ていても、襟元から冷たい風が入れば、体が冷えてしまうことも。そんな時には、首元にかわいい色のバンダナか小さめのスカーフを巻いておけば、風の侵入を防げますし、見た目にもオシャレです。ポイントは、明るめの色を選ぶこと。顔周りに明るめの色を持ってくることで、バンダナやスカーフの明るい印象をそのまま顔の印象につなげることができるのです。

アイテム7:かわいく隠すニット帽

紅葉デートにニット帽

ヘアスタイルをバッチリ決めてきても、動き回る紅葉デートだと、どうしてもぐちゃぐちゃになりがち。
そんな悩みを一発で解決してくれるのがニット帽。かぶるだけで一気にほっこりした秋の装いにしてくれるだけでなく、デート当日の朝のガンコな寝癖をなかったことにしてくれます。太い毛糸で編んだボリュームのあるニット帽を選べば、寒さ対策になる上に、小顔効果も☆

番外編:忘れちゃいけない小物たち

ファッションアイテムではありませんが、アウトドアデートに持って行くと便利な小物としてリップクリーム、ハンドクリームなどの保湿用品、バンドエイド、ソーイングセット、ウェットティッシュなどがあります。まとめてジップロックなどに入れてバッグに入れておくと便利です。また、外にいると想像以上に疲れるし小腹が減るので、普段間食をしないという人も、小さなキャンディやキャラメルを持って行くようにしましょう。

「これはやめとけ」なアイテム

一方、普段ならOKなファッションでも、紅葉狩りのようなアウトドアデートには不向きなものもあります。それがこちら。

ヒールやサンダル

紅葉狩りデートの服装で、一番重視したいのが靴のチョイス。
ヒールの高い靴は、足場の悪いところだとヒール部分が地面に刺さったり、バランスを崩してよろけてしまったり、靴ズレしたりと、歩き心地的にも見た目的にもよろしくないアイテムです。
また、あまりいないと思いますが、まだ暖かいからといってサンダルを履くのもNG。歩いている間に靴の中に砂や泥などで真っ黒になっちゃいます。場合によっては得体のしれない虫がお邪魔しますなんてことになりかねません(ノД`)・゜・。

紅葉狩りにはNGなサンダル服装

生足

防寒や虫刺され対策も忘れちゃいけないのが紅葉デート。絶対見過ごせない「やめとけ」なパターンのひとつが生足です。
生足で行って、虫に刺されたら足をボリボリ…なんてかっこ悪すぎるし、「寒い」だの「帰りたい」だの連発されたら、連れてきた彼もゲンナリ。あなたの美脚を見せつける時はこのデートではありません。

生足アピールしすぎの女性

短いスカート

たしかに、短いスカートは、普段のデートなら女の子らしさを出せる女性ならではのアイテムです。彼を色っぽくせめたい時にも効果はバツグン。でも、アウトドアには全くもって不似合いなファッションだと言えます。山道や坂道を歩いていても、下着が見えそうになるでしょうし、いくら生足でなかったとしても、むき出しの足を枝や草で傷つけてしまいそうで見ている方がハラハラします。

マキシスカート

 たしかに、秋は寒いですよね。マキシスカートは暖かいし、女の子らしさも演出できますからいいようにも思えます。でも、アウトドアデートにはやっぱり不向きです。山道で引きずって汚してしまいそうですし、裾をふんずけて転んでしまう可能性もあります。ロングスカートを履くなら、マキシ丈ほど長くない、ミモレ丈かそれより少し長めくらいの丈にとどめておきましょう。

ひらひらしたスカート

NGスカート3つ目は、ひらひらしたもの。円形スカートのようにたっぷりとフレアがあるものや、シフォンやサテンのような軽い生地のものは、風が吹けばヒラヒラしてめくれることだってあるでしょうし、マキシスカートと同様、山道でひっかければ破けてしまうかもしれません。ひらひらしたスカートはカワイイですが、普段のデートにとっておいてください。

紅葉デートでは元気にかわいく♡

紅葉狩りや果物狩りなどのアウトドアな秋デートでは、自分のファッションにこだわるよりTPOをわきまえることが、より楽しいデートにつながります。それに、TPOに合わせたファッションが出来ることは、いつも決まったスタイルの服装ばかりなよりも、よっぽどオシャレと彼からの評価も上がりますよ。アウトドアならではのファッションを楽しんで、ロマンチックな紅葉狩りデートが、紅葉よりも色濃い思い出になりますように…☆

メニュー閉じる