ラブレターの書き方5つのポイントをおさえて愛を深めよう

ラブレターの書き方次第で、彼にアナタの愛情が伝わるかどうかが決まります!せっかく書いたのに伝わった気持ちがゼロだったなんてショックですよね。そこで、彼に想いが伝わりやすいラブレターの書き方を紹介します!

ラブレターの書き方5つのポイントをおさえて愛を深めよう

気持ちが伝わるラブレターの書き方

あなたはお付き合いをしている彼氏にラブレターを渡したことはありますか?
ラブレターって付き合う前には貰うことがあるかもしれませんが、カップルになってから書くなんてあまりしませんよね? しかし、電話やメールでこと足りているとは思っていても、「手紙」だからこそ伝わる気持ちもあるもの。

長く付き合っている彼氏へ今さらラブレターを渡すのは少し恥ずかしい気もするかも知れませんが、彼女からの思いがけないラブレターに喜ばない男性なんていないはず!ラブレターの書き方によっては、付き合いたての頃にも似たドキドキも戻ってくるかもしれません?!というわけで、今回はもう既にカップルになった2人がさらに仲良くなるラブレターの書き方のコツを伝授します

1 堅苦しくならないこと

堅苦しくならないこと

彼氏にラブレターを書くなんて、「今さらって感じでちょっと恥ずかしい!」と思ってしまうそこのあなた。…あなた、どれだけかしこまって彼に手紙を書く気ですか?(笑)そう、ラブレターの書き方は堅苦しくならないことがポイントですよ~(笑)

でも、確かに手紙となると少しかしこまって考えてしまうものです。かしこまった文章手紙には彼だって嬉し恥ずかしだってり対応に困ってしまうはず…。だからこそ、普段彼氏と話をする感じと同じように書きたいところ自分の彼女が一生懸命に書いてくれたラブレター。貰ってドキドキしない男性はいないのではないでしょうか?

手紙のポイント

付き合い始めを思い出して書いてみると、より感情がこもるかも!

「ちょっと彼氏との関係がマンネリ化してきているな」と感じている人にもラブレターはおススメです。

2 普段伝えそびれている感謝の気持ちを込めて!

普段伝えそびれている感謝の気持ちを込めて!

今更彼氏に書くラブレターに何を書こう?と思っているそこのあなた。ラブレターの書き方としては、普段言葉では表せていないような彼への感謝の気持ちを書いてみてはいかがでしょう?

「いつも楽しい場所へ連れて行ってくれてありがとう」とか「私のことをちゃんと考えていてくれてありがとう」など、彼氏に感謝しているけど改まって伝えたい気持ちも手紙だからこそ素直に伝えられるのでは?

手紙のポイント

普段、言葉では恥ずかしくて言えない気持ちを素直に手紙に書いてみよう!

3 ありのままの気持ちを自分の言葉で書く

ありのままの気持ちを自分の言葉で書く

ラブレターを書くからといって、何も普段の自分よりちょっぴり背伸びしたラブレターの書き方なんてしなくていいんです。ラブレターとは、普段のありのままの姿、ありのままの気持ちを書き表すものです。

ちょっと照れくさいような気持ちも、手紙ならばストレートに表現できるかもしれません。ラブレターの書き方として、ありのままの自分の言葉で書き表したほうがきっと彼氏の心に伝わることでしょう。

手紙のポイント

素直な自分の言葉で書くこと!

ポイント4 未来を想像した希望を書く

未来を想像した希望を書く

彼氏が彼女からもらって嬉しいラブレターの書き方は、手紙の中に未来を想像した内容を書き表していることです。だからといって、「あなたとなら結婚してもうまくやっていけそう」などと先走ったことを書こう、というわけではありません。むしろ「結婚」という2文字は書かないほうがベストかも。男性にプレッシャーを与えてしまうだけです。

では、未来を想像した言葉とは何か…?
それは、「これからもずっと一緒にいられたら嬉しいな」とか「来年も一緒に誕生日をお祝いしようね」といったような少し先の未来を想像させるメッセージ。彼氏にしてみたら、彼女の愛情が一番伝わる言葉なのではないでしょうか。

手紙のポイント

ちょっと先の未来を想像させる言葉のほうが、男性は喜びます

「そんなの普段彼とは話していないし言えないよ///」という人ほど、チラッと彼への手紙に託してみたいところです

ポイント5  想いはちゃんと言葉にして伝える

想いはちゃんと言葉にして伝える

付き合っている彼に向けてラブレターを書く目的には、「お互いの気持ちを確認し合う」という意味もあります。
付き合いが長いカップルほど、お互いの気持ちを口に出していうことはあまりなくなってきているのでは…?しかし気心知れている相手とはいえ、基本的に自分の気持ちは言葉にして表さないと相手には伝わりません。もちろん、それは相手も同じことです。相手の気持ちを口にしてもらわないといつしか気持ちにズレが生じて、別れに繋がる例はたくさんあるのですから…!

彼へ贈るラブレターの書き方としてもっとも大切なポイントは、最後に必ず「大好きだよ」とか「愛してる」といった、彼への愛をストレートに書き表すということ。だって自分もラブレターをもらって最後に「大好きだよ」って書かれていたら、自然と顔がにやけてしまうぐらい嬉しいですよね?

手紙のポイント

まわりくどくないストレートな愛情表現がカギですよ~!

あなたからの手紙が彼の一生の宝物に

好きな人のことを考えながら書いた手紙って、後で読み返してみると恥ずかしくなったりするものですが、なんでもかんでもデジタルな今、手紙をもらうこと自体がとても新鮮。それが大切な恋人からのラブレターだったら、いつまでもとっておきたくなるぐらい嬉しいものになるハズ!

ラブレターも十人十色、書き方だっていろいろあるでしょうが、もらった側からしてみれば相手が自分を想ってラブレターを書いてくれた事実が一番嬉しいのです。彼氏彼女でラブレターを交換して、より愛情を深められたらなによりですよね。あなたも、普段は恥ずかしくて伝えそびれている想いを手紙に託して彼にラブレターを渡してみるのはいかが?

また、長続きするカップルの特徴まとめもチェックして一生付き合えるような2人を目指してくださいね。

メニュー閉じる