花束のプレゼントと彼の気持ちを枯らさず長持ちさせる方法

花束を男性からプレゼントされたらうれしいですよね。そんなせっかくもらった花をすぐに枯らせていませんか?切り花を少しの工夫で長持ちさせるコツや、男性が花を贈る意味を紹介します!

花束のプレゼントと彼の気持ちを枯らさず長持ちさせる方法

花のプレゼントを長持ちさせるには

花束をプレゼントされた女性は少なくないでしょう。花をもらって一番困ることは、持って帰ってからの処理。切り花は日持ちせず、すぐにダメになってしまうことがありますよね。せっかくもらったキレイな花束を、一日でも長く飾っておきたいものです。プレゼントされた花束を長持ちさせる方法を紹介します。

男性が女性に花束をプレゼントする意味とは?

切り花を長持ちさせる方法の前に、男性はどんな気持ちで女性に花束をプレゼントするのか知りたくありませんか?男性にとっては、花屋さんに一人で足を踏み入れるのも、ちょっとした緊張感と非日常感を感じているはずです。そんな勇気を出して購入する花束にはどのような意味が込められているのでしょうか。

花のプレゼントの意味その1 プロポーズしよう

花束を背中に隠して彼女の方に歩み寄る男性

つき合っている彼女へ花束をプレゼントしようと思う男性のうち、プロポーズをしようと思っている人が案外いるようです。プロポーズをする時に手ぶらな男性というのはあまり想像がつきません。もちろん指輪を用意している人も多いでしょうが、必ずしも成功するとは限らないプロポーズに指輪を用意するよりも、花をプレゼントに選ぶ男性も少なくないのです。一世一代のプロポーズの言葉に添えて、花束を差し出す・・・花束は少し不安な男性の気持ちを後押しする、強い味方にもなっているのですね。

花のプレゼントの意味その2 サプライズの演出

男性は女性が喜んだり驚いたりする仕草が大好きです。彼女に感動してもらいたくて、特別な日ではないのに花束をプレゼントすることがあるようです。好きな女の子の喜ぶ顔が見たい。ちょっと可愛い花が目に入って、彼女へのプレゼントにどうだろうか?と考えたらつい買ってしまった。もし、彼氏がいつものデートに花束を用意していたら、少し大げさぐらいに喜んであげましょう。

花のプレゼントの意味その3 女性への労い

花束を恋人に渡す男性

感謝の気持ちを言葉で伝えるのが苦手な男性も、彼女や妻に「いつもありがとう」や「ご苦労さま」と花束のプレゼントで労いの気持ちを伝えることがあるようです。彼女や妻に日常的に感謝の気持ちを伝えるようなタイプの男性は、こういった花のプレゼントなどをたまに用意してサプライズしたりするのです。記念日や大きな出来事のときに、花束を買って来るなんてとても素敵な男性ですよね。

花束に込められた意味

プロポーズやサプライズの演出を盛り上げたい。
感謝の気持ちや労いの言葉の代わりに贈りたい。

番外編

男性が女性に特別な日でもないのに、花をプレゼントしたりする時は、何か心にやましいことがあったり、後ろめたい出来事がある場合も…。せっかくのプレゼントに喜べないのは悲しいことではありますが、相手の男性が挙動不審になっていないか、様子がおかしくはないかじっくり観察するといいでしょう。

プレゼントされた花を長持ちさせる4つのコツ

もらったときは感動してうれしいと思っても、いざ家に持ち帰って「どうすればいいの?」と困ることはありませんか?間違った方法で保存をしても、すぐに枯れてしまいます。次の日にはダメになって、ゴミ箱へ・・・なんて経験はありませんか?せっかくもらったプレゼントの花束です。少しの手間をかければ、長持ちさせることができるのです。

花のプレゼントを長持ちさせる方法1 持ち帰ってからのコツ

花瓶に活けられた花

まず持ち帰ったら、すぐにラッピングをほどきましょう。花の色に合わせてキレイに包装されているからと、そのまま飾ってはいけません。花だって生きています。花に新鮮な空気を与えるために、ラッピングをすべてはずし、切り花だけにしてください。
そして、水を吸いやすくするために茎を下から2cmほど斜めに切り、水切りをしましょう。花のサイズに合った花瓶に底から1/3ほど水を入れ、花を飾ります。

花のプレゼントを長持ちさせる方法2 毎日欠かさないコツ

aaa

一度花瓶に飾った花はそのままにせず、花瓶の水を毎日取り替えましょう。暑い夏の時期には、朝と昼に水を替えた方が長持ちします。花瓶にたくさんの水を入れると、茎を腐らせる原因になりますので注意してください。切り花というのは、斜めに切った切り口から酸素と水分を吸収しているものなのです。

また、花だからと言って直射日光を当てることはNGです。高温や多湿の場所では水が腐りやすくなります。涼しく一定の温度が保てる場所に飾ってください。

花のプレゼントを長持ちさせる方法3 ちょっとした工夫のコツ

長持ちさせるためには、水をきれいに保つことが大切です。バクテリアを繁殖させないためには、水を取り替える際に花瓶の汚れも落としましょう。

また、水中に葉が浸かると水が汚れバクテリアを発生させます。水に浸かる部分は葉を落とし、茎だけにしてください。花束を自宅に持ち帰り束をほどいた時点で、この水に浸かる部分の葉を切り落とす作業をしましょう。茎にぬめりが出てきたら、持ち帰ったときのように斜めに切り落とし水切りをすれば、汚れを防ぎ吸い上げも良くなります。とにかく水の中にバクテリアを繁殖させないようにすることが、切り花を長持ちさせるコツとなっているのです。

花のプレゼントを長持ちさせる方法4 プロがすすめるスペシャルなコツ

しおれ始めた花瓶の花

さらに長持ちさせるために、花屋さんもおすすめするスペシャルケアがあります。それは、花の栄養にするために花瓶の水に砂糖を少し混ぜることです。他にも殺菌のために銅イオンを含む10円玉を水中に入れることなど花屋さんでもやっているようなスペシャルケアは試してみる価値があります。

また、しおれてしまった花には刺激を与えるのも良いとされています。氷水を張ったお皿に花が水に浸からないように寝かせると、シャキッとするのです。
このように少し工夫すれば、一週間から10日ほど花を楽しむことができるのです。夏でも5日程度はもってくれますよ。

男性からもらった花束なんて、いつまでも大事に取っておきたいと思うのが乙女心ですよね。ちょっとした工夫で長くその花を楽しめることが出来るのであれば、どんなに楽しいことでしょう。

切り花を長持ちさせるコツ

  • 持ち帰ったらすぐにラッピングをほどき新鮮な空気に触れさせる
  • 頻繁に水を取り替え適度に水切りをする
  • バクテリアを発生させないように注意する

花のプレゼントを枯らしてしまったら

aaa

もしも、大好きな彼からもらったプレゼントの花を枯らせてしまったらどうしましょうか。彼の気持ちとして受け取った花束は、出来れば少しでも長く見ていたい。そんなつもりはなくても、うっかり枯らしてしまうこともありますよね。

そんな時は、まだ少し元気な花を「押し花」にして保存したり、乾燥させてドライフラワーにして飾るというちょっと形を変えた保存の方法もあります。一番大切なことは、もらった花を大事にしたいと思っているかということなのです。例え見た目の姿が変わったとしても、男性の中にあなたの気持ちの喜びを伝えてくれるものなのです。

花をプレゼントするときの注意点

花をプレゼントされたときの長持ちする方法を紹介しましたが、反対に贈る側になった場合には相手の気持ちに配慮しましょう。花瓶がなさそうな人へは花瓶を添える、花束ではなくフラワーアレンジメントにするなど考えた方が良いかもしれませんね。

また、宅配で送る場合には花の寿命を考えて、不在時を避けた方が良いでしょう。枯れないブリザードフラワーを選ぶのも一つの方法ですね。花を受け取った相手の喜ぶ顔を想像しながら、贈り方を考えてみましょう。彼氏の贈り物は、彼女が選ぶ彼氏へのプレゼント特集も参考にしてください。

メニュー閉じる