BBQファッション6つの失敗例!モテたい女が陥りがちな落とし穴

BBQのファッションは狙いすぎNG!火を使うのでヤケドの危険や足場が悪いのでケガをする可能性があります。その場に来ている男性に引かれちゃうかもしれないバーベキュー限定のモテないファッションを紹介します!

BBQファッション6つの失敗例!モテたい女が陥りがちな落とし穴

それで肉焼くの?BBQの痛ファッション

自然の中での開放感あふれる楽しいバーベキュー。ただし、BBQファッションを甘くみていると、周囲のヒンシュクを買うことに・・・。普段、あまりバーベキューには縁がないという女性に陥りがちなのが、その場にそぐわないアウトなファッションで出かけてしまうことです。

たかがBBQされどBBQ。バーベキューでは、気になる男性にアピールするチャンスがたくさん転がっています。だからこそ、絶好の機会で失敗しないために、BBQのNGファッションについて知っておきましょう。でないと、「痛いBBQファッションの女」という嬉しくもない称号を付けられてしまいますよ。

1 美白が最優先!紫外線対策ゆえの完全防備

美白が最優先!紫外線対策ゆえの完全防備

BBQなどのアウトドアで、女性なら誰でも気になるのが日焼けです。いつでもどこでも美しさを保つために努力する姿は、女性の鏡だといえます。ところが、日焼け止めの化粧品や長袖の上着では足りず、日傘、日焼けを防止する長~い手袋、トンボみたいにでっかいサングラス、つばがバカでかい女優帽などでは、BBQを心から楽しむことはできませんよね。

せっかくの仲間が集まって楽しむBBQ。そんな完全防備ファッションでいると、一緒にいる仲間のテンションを下がる以前に、「お前、誰?」なんてことになりかねません。どんなに美白が大事でも、アウトドアを楽しむ以上は潔く肌を出す覚悟をしましょう。

空気が読めてる女はこう!

レア女「ヤダ~日焼けしちゃう」
ウェルダン一同「(そこまで焼けたくないのなら、なぜ来たのだ…)

2 合コンや飲み会ウケしそうな場違いファッション

合コンや飲み会ウケしそうな場違いファッション

バーベキュー場や河川敷、公園のようなアウトドアでのBBQは、自然の中で非日常を楽しむのが魅力のひとつです。そのためには、ファッションもリラックスしたものを選びたいもの。ところが、意中の男性が来るからといって可愛く見せよう頑張ってしまって、合コンとか飲み会みたいなファッションになっちゃう女子がいるんです。

どう見ても男ウケを狙った白ワンピや、脚を細く見せるための高いヒールの靴など、「それでBBQに来ちゃだめでしょ!」とツッコみたくなるようなファッションは痛い以外の何物でもありません。さらに、あんまりオシャレしすぎてしまうと、「準備や片づけを手伝う気がない」と男性陣の不評を買う恐れがあるので注意しましょう。

空気が読めてる女はこう!

もし、あなたが信念のロリータを貫きたいのなら、BBQにも対応したアウトドア向けロリータファッションを生み出しましょう。

3 まるで女ランボー!本格サバイバルファッション

まるで女ランボー!本格サバイバルファッション

BBQでは、率先して参加することで男性からの好感度アップにつながります。だからいって張り切りすぎてしまうと、周囲の男性にドン引きされることも・・・。アウトドアにピッタリの服装のつもりが、迷彩柄のパンツにタンクトップ、腕には赤いバンダナみたいな、サバイバル感あふれるファッションを選んでしまうと、サバゲーマニアにしか見えません。

BBQといえば、男性が自分の男らしさを見せつけたい場所。重たい物を持ったり、火を起こすなど、「アウトドアは俺に任せろ!」とアピールさせてあげるためにも、BBQではあえて女性は女らしさを大切する必要があります。

空気が読めてる女はこう!

たとえあなたがメッチャ火起こしに長けていても、ここはでしゃばらず俺に任せろな男に任せましょう。あなたは彼が慣れない炭おこしで指をヤケドをしたら、そっと絆創膏を差し出すのです

4 浜辺と勘違い?目のやり場に困る水着姿

浜辺と勘違い?目のやり場に困る水着姿

BBQの魅力は、日常では感じることができない開放感。ところが、その開放感を求めるあまりに服装まで開放的になってしまうと、周囲から浮きまくる可能性があるので要注意です。特にザ・山!でのバーベキューなのに、ビキニのトップにキャミソール、ショートパンツみたいな、まるで海水浴場に遊びに来たかのようなビーチファッションで現れたら、周囲の男性はドギマギしてしまうでしょう。アブ来るってアブ!

特に火を使うBBQではヤケドの危険性があるので、露出の高い服装はあまりおすすめできません。大胆すぎる水着姿には男性陣がついつい目を奪われてしまって、何となくその場が変な空気になるのを防ぐためにも、露出をほどほど抑えた服装を心がけましょう。

空気が読めてる女はこう!

露出度高めのビーチファッションは大胆すぎるよりもパーカーをはおったほうがカワイイよ!

5 気合い入れ過ぎ!!女子なのに首タオル

気合い入れ過ぎ!!女子なのに首タオル

ほどよくカジュアルなファッションに、可愛さが光るヘアメイク。BBQには完璧なモテるのはずなのに、その首にタオルが巻かれていたら・・・。焼きそばを作るその姿はまるで屋台のおばちゃん。男性人気は一気にダウンです。

「汗を吸い取ってくれる」「日焼けから首を守ってくれる」など、いろいろと便利な首タオルですが、やはりお年頃の女子はやってはいけません。本当に男の子にモテたいのなら首タオルはもちろん、ガテン巻きやビッグダディ巻きなど、男らしさを感じさせるようなタオルの使い方は控えることをおすすめします。

空気が読めてる女はこう!

どうしても頭にタオルを巻かないと落ち着かないのなら…ターバンがおすすめ!

6 燃えてまうがな!さらさらロングヘア

燃えてまうがな!さらさらロングヘア

長くてキレイな髪の女性ほど、自慢のロングヘアをアピールしたいと思うでしょう!その気持ち分かりますよ!!とはいえ、そのキレイな髪も場合によっては邪魔になることがあるのです、特にBBQね!
食べ物を調理する場合、長い髪の毛をそのままにしておくのは不衛生だと感じる人は多いようですし、出来上がった料理と一緒に髪の毛まで食べちゃってる人ってちょっとカッコ悪いですよね。

いくらサラサラのロングヘアが自慢でも、TPOに合わせたヘアスタイル選びが大切です。ポニーテールや編み込みなど、意外と男性はまとめ髪好き。長い髪だからこそできるヘアアレンジで、ライバルに差を付けてみませんか?必ず、まとめ髪にグッとくる男性は現れるはずです。

空気が読めてる女はこう!

アウトドアですもの、長い髪はまとめて正解!

BBQファッションの正解は「ほどほど」であること

せっかくのBBQという晴れ舞台で、「可愛いと思われたい!」「好きな人の振り向かせたい!」などの理由から、ついおしゃれを頑張ってしまう女子は多いはず。ところが行き過ぎたファッションのせいで、周囲から浮きまくったあげくに、好きな男の子に嫌われた・・・、なんて最悪の事態を招くことも。

BBQでさりげなくオシャレ度をアピールするためには、「ほどよいカジュアル感」と「ほどよい女性らしさ」の2つの要素が欠かせません。これから訪れるBBQ本番に向けて、今からBBQファッションをしっかり研究しておきましょう。そしてBBQで好きな人に、「あの子、いつもより数段イケてる 」と思わせるのです。

また、気になる彼の気を引くためにも、合コン必勝法・男が盛り上がる話題豊富な女になる特集も参考に、男性との接し方をチェックしておいてくださいね。

メニュー閉じる