別れたい女VS別れたくない男!彼を傷つけない上手な別れ方3つ

傷つけない別れ方で彼と後腐れなくサヨナラしましょう。お互い好きだからこそ付き合ったとはいえ、恋人たちに別れはつきもの。付き合っている彼氏との別れるとしたら、誰だってドロドロの泥沼は避けたいですよね。

別れたい女VS別れたくない男!彼を傷つけない上手な別れ方3つ

後腐れなく別れたい!男を傷つけない上手な別れ方

男女が別れる際、怒り・悲しみ・嫉妬などのさまざまな感情が沸き起こります。それでも別れを選ぶなら、お互いが納得のいく最良の結果となるのが望ましいですよね。彼氏と別れたい!でも傷つけたくない!そんな悩める女子のために、彼氏を傷つけない別れ方のヒントをお教えします。

しょうがないな…男が納得する理由で別れを切り出せ!

言い訳をしている男性と女性のシルエット

ある日突然、彼女から一方的に別れを切り出されても、男性はすぐに納得はしないはず。「俺のどこが悪いんだ?」「他に男がいるのか?」と、彼女を攻撃するような態度をとることも考えられます。そのため別れを切り出す際は、ここで紹介するような明確な理由が必要です。

理由1 「今は仕事に専念したいから」

就職や異動、昇格などにより仕事が忙しくなり、恋愛にエネルギーを注ぐことができなくなってしまうことは、女性にだってよくあることです。徐々にデートの回数が減ったり、連絡が取れなくなったりすると、男性は仕方ないと感じるでしょう。

相手の男性を傷つけないためには

「大事な仕事を任された」「今までのように会う時間を作れない」など、きちんと理由を伝えると彼氏は納得してくれるはずです。

理由2「恋愛よりも夢を優先したいから」

何かやりたいことがあるという女性におすすめの理由です。留学・転職・起業のような、夢を優先させる場合は、恋愛は邪魔になってしまうこともありますよね。もし、彼が本当にあなたのためを思うなら、その夢を応援し、成功してほしいと願うはずです。

相手の男性を傷つけないためには

夢を実現するまでは恋愛はしないとはっきり宣言しておくと、彼の不安が解消されてスムーズに別れられるでしょう。

理由3「結婚する気がないので付き合う意味がないから」

ある程度の年齢になれば、誰でも一度は結婚について意識するはず。特に、結婚願望が強い男性なら、付き合っている女性との結婚を真剣に考えているでしょう。そんな彼氏を期待させないためには、キチンを理由を伝えて別れた方がいいでしょう。

相手の男性を傷つけないためには

自分にとって恋愛と結婚は別であることをはっきり伝えましょう。

別れを伝える際に注意すべきこと

真剣に考えている男性

別れを切り出された際、「まさか本気じゃないだろう」「本当は別に理由があるのでは?」と、別れに真剣に向き合わない男性もいます。そんな面倒くさい状況を避けるためには、彼氏との信頼関係を壊さないような細心の注意が必要です。

やり直す気持ちがないことをはっきり伝える

駄々をこねて別れを引き伸ばしにしたり、高圧的な態度をとって別れられないようにしたり。突然別れを告げられて、別れたくない彼氏はあらゆる手を使ってくるかもしれません。
そうならないためには、彼がいくら反対しても、自分の気持ちが変わらないことを明確にしておく必要があります。

他の男性の存在を匂わせてはいけない

彼女に別れを告げられて、男性がまず思い浮かべるのが他の男性の存在です。別の男を好きになったせいで別れを告げられるのは、男性にとって屈辱的なこと。もし、本当は好きな人ができたとしても、彼との付き合いが終わるまでは表沙汰してはいけません。あくまでも、男絡みで別れるのではないと言い張るのです。

一方的に気持ちを押し付けてはいけない

「つべこべ言わず、とっとと別れてよ!」なんて、一方的に彼女から別れず告げられて、すぐに納得する男性は少ないはず。別れを告げる際は、誠意をもって相手に接することが大切です。彼にも言い分があるかもしれません。とりあえずは耳を傾けてあげた上で、別れを選んでも遅くはないはずです。

うやむやにするのが一番相手を傷つける!

離れる男女の手

しばらく距離を置いたり、自然消滅を待つなどの方法は、あまりいい別れ方とはいえません。どんな場合でも、ハッキリと気持ちを伝えなければ相手の男性は納得しないでしょう。言いづらかったり、タイミングが難しかったりするかもしれませんが、勇気を出してきちんと自分の意思を伝えましょう。

あなたが真剣に向き合えば、彼氏も別れざるをえないとあきらめて、別れに応じてくれるはずです。まずは、彼氏と別れたいと思ったら取るべき行動まとめ特集をチェックしてみてくださいね。

メニュー閉じる