【3年目のジンクス】付き合って3年目の別れの危機VS幸せホルモン

3年目のジンクスって聞いたことがありますか?長く付き合っていく内に最初の頃に感じていたドキドキがなくなり『なんで付き合っているんだろう?』から、別れの危機が訪れることもあるのです。どうすればピンチを乗り越えられるのでしょうか?

【3年目のジンクス】付き合って3年目の別れの危機VS幸せホルモン

恋を燃え上がらせ別れの危機を招く…「恋の病」原因ホルモン

「付き合っていく中で、急に愛が冷めてしまった」こんな経験ありませんか?すべての恋人にとって、付き合ってから3か月、3年目は別れの危機と言われていますが、特に危険なのは3年目!愛情がすっかり冷めて浮気をしてしまった(されてしまった…)など、付き合って3年目にはマンネリがふたりの間の大きな壁になるようです。
これには、PEA(フェニルエチルアミン)と呼ばれる「恋の快感ホルモン」が大きく関係していたのです。

あなたしか見えない!恋の病の原因「PEA」

PEAが分泌されると、相手のことが好きで好きでたまらなくなります。
ちょっとくらいの彼の非も「彼ってば、かわいいんだから」と、なんでも受け入れてしまえるのはこのホルモンの仕業。

PEAには集中力や快感を倍増させるパワーがあり、世界も認める強烈パワーの興奮系のホルモンなんです。

PEA = 恋する麻薬?!

PEAは脳内にたくさん分泌されると「恋の中毒患者」なる強烈な恋愛ホルモン!

彼のことを考えるだけで、気分が高揚し胸が苦しくなって食事も喉を通らないし、夜も眠れない…こんな恋の病はPEAの仕業だったのです。

黄昏る女の子

恋愛の賞味期限は3年?!別れの理由とは

ところが、このPEAは同じ相手に対して一般的に約3年で分泌が止まってしまうのだとか。言い換えると、月日が経てば二人の関係も徐々に穏やかになっていくわけなのですが、それまでの刺激がなくなってしまったために、飽きやマンネリから「倦怠期」を感じさせられてしまうのです。いうなれば、恋愛周期は約3年

恋愛周期はたったの3年

人間の脳は相手に飽きを感じるように作られているのです…。

倦怠期

それまでの恋の魔法がとけてしまったような状態になって、今まで許せていた相手の嫌な部分にイライラ…3年目のジンクスの原因は、3年が経過してPEAが分泌されなくなったからだったんです。

3年目の壁を乗り越える!ふたりの気持ちをつなぎとめるホルモン

では、恋のドキドキホルモンPEAが出なくなってしまった3年目以降に、パートナーと末永く一緒にいられる方法はあるのでしょうか?

せっせと地道に幸せを運ぶ「βエンドルフィン」

恋の嵐のようなEPAが去った後は「βエンドルフィン」の存在にスポットを当てるのが、別れの危機を乗り切るカギ。
βエンドルフィンは別名「幸福ホルモン」とも言われ、気持ちを穏やかにし、「あぁ幸せだなぁ」としみじみ感じさせるホルモンです。

βエンドルフィンは穏やかな幸せホルモン

EPAよりはだいぶ地味ですが、じんわりなが~く穏やかな幸せを運んでくるホルモン

読書をするカップル

EPAよりも存在の薄いβエンドルフィンですが、これには人間関係を安定させ円滑にする働きがあります。会うたびに「ほんのりとした幸せ」を感じさせられれば、彼もあなたもずっと一緒にいたいと思うようになるはず。リミットはPEAの分泌が終わるまでですよ!相手を思いやり、しっかりと信頼しあえる関係を築いておきましょう

βエンドルフィンを分泌させるためには

  1. 信頼できる相手と一緒にいる
  2. 美味しいものを食べる
  3. 自分が気持ちいいことをする

やたらと飲み会をするサラリーマンは、取引先や仕事仲間と美味しいものを一緒に飲み食いすることで、相手に対して安心感が増すことを本能的に感じていたからなのかも…ですね★

愛しくて仕方ない!愛情ホルモン「オキシトシン」

オキシトシンは別名「愛情ホルモン」とも言われるもので、相手への愛情を感じさせてくれるホルモンです。母親が赤ちゃんに母乳を与えると愛おしくて仕方がなくなり、守ってあげたいと思う母性本能のスイッチが入ります。これにはオキシトシンの分泌が関係しているのです。

モチロン、赤ちゃんへの愛情限定の話ではありません。オキシトシンには、浮気を抑制することができるという研究結果もでているんですって!好きだから触れ合うのではなく、触れ合うから相手に対して愛情がわくのです。

オキシトシンを分泌させるためには

  1. 人や動物とのスキンシップ
  2. 気持ちを素直に表に出す
  3. 人に親切にする

恋人を膝枕する女性

地味なβエンドルフィンだけでは頼りない…ならば愛情ホルモン「オキシトシン」の深い愛のパワーもプラスして、付き合って3年経過後もマンネリをしぶとく打破しましょう!

3年目のジンクスなんてもう怖くない!

勢いだけの恋は、PEAが減少すれば消えてしまう運命。大切なのはPEAが働かなくなってしまったあと、βエンドルフィンやオキシトシンをちゃんと機能させられているかどうか。

それには、普段から相手を思いやり、しっかり言葉やスキンシップで愛を育むことが何よりも大切です。手をつないでデートしたり、二人で美味しいものを食べたりして、ふたりで過ごす信頼と幸せと愛情をたくさん貯めて、3年目のジンクスを乗り切ってくださいね

メニュー閉じる