ヤツ(元彼)には後悔の念をたっぷりと!男に後悔させる別れ方

後悔させる別れ方で、元彼を見返してやりましょう!昔付き合っていた男に『元カノと別れなければ良かった…』と思わせれば勝った気になりますよね!自分をフッた元彼を見返してやる方法を紹介します!

ヤツ(元彼)には後悔の念をたっぷりと!男に後悔させる別れ方

男に後悔させる別れ方「別れなきゃよかった(泣)」

本題に入る前にですね、別れを告げるうえに「後悔させてやろう」とまで考える、女性の底知れない恐ろしさを感じています。いや、しかしケースバイケース、場合よっては彼女を大事にできなかった男が1000%悪いってこともあるよね、うん。本当に申し訳ございませんでした…。というわけで、今回は男性に別れを後悔させる別れ方をご紹介します!

1 感情的にならない

感情を表に出さない女性

別れを決心した女性からすれば、もうすでに彼は「過去」の存在になっているのかもしれませんね…しかし男としては、別れる前にあからさまに冷たい態度をとられてしまうと、「自分勝手な女だな」という印象が最後に強く残ってしまいます。たとえ男性に落ち度が多くて別れに至ったのだとしても、最後くらいは相手に配慮のある優しい態度をとってやってください。

そうすると男性は…?

「どう考えてもオレが悪かったよな」と謙虚に反省し、「素敵な女性を手放してしまった!」と後悔することになります。

2 恨みごとや不平・不満を言わない

別れを告げられただけでも充分な大打撃なうえに、追い打ちをかけるように過去の不満を言うなんてのは避けて欲しいところです。いろんな意味で「ダメ男」だという事実を突きつけられた男性は、反省どころか彼女に恨みを持ってしまうことも。

ケンカはやめとこう!

男はプライドのカタマリみたいな面があります。最後の最後に感情的になってケンカをしてしまうのは最悪なパターンです。

3 相手を否定しない

否定をしない肯定的な女性

うまくいかなかったから別れるわけなので、相手を褒めちぎって別れるのは難しいと思います。しかし、女性に相手のことを否定せず、それでいてビシッと筋道立てて別れ話を進められると、男性としては納得する以外ありません。

そして最後に「あなたは私にはもったいなくらいの彼氏だったわ」なんて言われてまうと、どんな男でも別れるのが惜しいと感じることでしょう。

別れ話も言いよう

「あなたは私にはもったいなくらいの彼氏だったわ」…なかなか言える言葉ではありませんが、褒めているようでしっかりダメージも与える、言ってみる価値のある一言!

4 手紙でホロっとさせる

感動できる最後の手紙

別れ話は、直接会って話し合うのが基本であってほしいですが、別れた後の彼女からの手紙は心にジーンと響きます。手紙の内容も、一方的で感情的な内容ではなく、これまでのお礼や別れを決断した気持ちを丁寧に伝えることが、悲しいながらも男には必要だと思われます(涙)

最後のラブレター?

彼女からの手紙を読むときは、1人なので余計なリアクションの必要もなく、しみじみと過去を思い出したり冷静に考えたりする心の余裕があり、ことさら心に響きます。

5 キレイになる

美しいキレイな女性

これから別れ話をしようと思い、待ち合わせたいつものカフェに現れた、今まさに別れようとしている彼女が、しばらく会わぬ間にキレイになって目の前に現れたら、「あれ?惜しいことをしたかも」とマジで悔しくなって、後悔どころの話じゃありません。

逆パターンはやめて!

彼女が髪をギンギンに染めて派手な格好をしていたり、化粧っ気がなくボサボサの髪型で現れたら…男性は「こいつと別れてよかった!」とラッキー感でいっぱいになっちゃいます。

「素敵な女性のイメージを残して去っていく」という残酷さ

男としては「別れ際は鬼のような形相でののしられたほうがむしろ楽では…」と思ってしまうほど、女性の考えは残酷ですね。「素敵な女性だった」と思って別れるのはツライものですが、女性からすると「付き合ってる最中に気づけよ」ということなのかもしれません。彼女の存在をリアルタイムで評価する努力が男には必要ですね。

また、スムーズに別れるためにも、別れ話の切り出し方特集もチェックしておいてくださいね。

メニュー閉じる