彼氏が帰省して寂しい…実家に帰ってもラブラブでいる方法

彼氏の帰省期間中「寂しいな…」と感じる女性はやはり少なくありませんよね。かといってあんまり寂しさを伝えると「重いかな?」と心配してしまったり…。今回は彼氏の帰省前後の過ごし方に注目し、二人が今よりラブラブでいるためのポイントを解説します♪

彼氏が帰省して寂しい…実家に帰ってもラブラブでいる方法

彼氏の帰省に不安の声多数!二人の関係を維持するポイント

せっかくの長期休暇に彼氏が帰省してしまう……。頻繁に会っているカップルなら、一時的な遠距離だとしても特に寂しさが倍増してしまいますよね。彼女としてカレに「重い」とは思われたくないものの、それと同時に離れている間も私を忘れないでほしいという乙女心が生まれてしまうのではないでしょうか。

今回は彼氏が実家に帰省しても、いつもと変わらずラブラブな関係を築けるポイントをご紹介します。彼氏が帰省する前、そして帰省してからのそれぞれに焦点を当ててお話していきます。

彼氏が帰省する3つのメリット

「彼氏と離ればなれになるのにメリットも何もない!」なんて思う女性もいるかもしれませんね。でも実は、彼氏の帰省には二人の恋人の関係をより良好にする3つのポイントが隠れているのです

彼氏の帰省メリット1 お互いの必要性をより実感できる

デートで彼氏からハグされる女性

今まで毎日のように会っていたのが会えなくなるわけですから、その寂しさは計り知れません。彼氏の帰省により、遠距離という今までにない状況に立たされたことで、改めて相手の必要性や大切さを実感できます。会いたくても会えない状況が生まれることで二人の愛はさらに深まるでしょう。頻繁に会っているカップルならより効果的です!

彼氏の帰省メリット2 新鮮な恋愛が楽しめる

彼氏の帰省は、最近マンネリ化してきたカップルにも良い機会です。「一通り遊びには行ったし、会っても家でダラダラ過ごすことが多くなった……」そんな二人だからこそ、遠距離という新鮮な環境が、再び二人の心を刺激します。

彼氏の帰省メリット3 会える日の嬉しさが倍になる

デートで彼氏からハグされる女性

会えなかった期間が長ければ長いほど、会えた時の嬉しさって増しますよね?彼氏の帰省という期間を経て久しぶりに会った時、カレはあなたが愛おしくてたまらなくなるはず!さらにラブラブな関係を築いていけるでしょう。

彼氏の帰省前の過ごし方

帰省してからあれこれ悩んでも、彼氏は側にいないのですからどうにもなりません。そこで、帰省前に過ごす彼氏との時間をちょっと工夫してみてください。帰省中も自分のことを考えていてほしいなら、帰省前の期間に下準備を徹底しておきましょう!

帰省前のポイント1 連絡をとる時間を決めておく

彼氏も久々に地元に帰るわけですから、飲み会や同窓会など予定があるはず。そんな中で連絡をとるなら、やりとりしやすい時間がいつなのか、あらかじめ確認しておくとスムーズ。時間を決めることで遠慮することなく彼氏とコミュニケーションが楽しめます♪

「ルール」というと彼氏に義務感が生まれてしまうので、「忙しいと思うから、大丈夫な時間あったら連絡してもいい?」と可愛く尋ねてください。彼氏も喜んでOKしてくれるはずですよ♪

帰省前のポイント2 デートプランを立てる

イルミネーションの傍でハグし合うカップル

次のデートプランを立てていたら、彼氏もあなたも帰省期間なんてあっという間に感じてしまうハズ。カレが帰省から戻ってきたあとのデートは、ちょっと遠出したり、テーマパークなどいつもより特別感のあるスポットがおすすめです◎彼氏も帰省そっちのけでデートが楽しみで仕方なくなっちゃいます。離れていてもあなたとのデートの予定で頭がいっぱいになること確実です

帰省前のポイント3 彼氏に手土産を渡す

帰省する彼氏に、あなたの地元品や都内のお土産をプレゼントしましょう。「みんなで食べてね♪」とプチサプライズでお土産を渡された彼氏は、あなたの気遣いに感動すること間違いなし☆
また、これは彼氏の家族に自分の存在をアピールできるチャンスともいえます。彼氏が帰省してから、彼の実家ではあなたの話で持ち切りに!

彼氏に持たせる手土産の選び方ポイント

洋菓子か和菓子かなどカレのご両親の好きなものを事前リサーチするのはもちろんですが、「個包装」「日持ちする」といったポイントにも注目してみて!

帰省前のポイント4 見送りする

駅で電車を待つカップル

帰省中も自分のことを考えてほしいと思うなら、彼氏の帰省の見送りはマスト!「そこまで遠いわけじゃないし……」なんてことは気にせず、ぜひ彼氏を見送ってあげてください。
ドラマや映画であるように、別れのシーンってとても切ないもの。いくら一時的な別れでも、カレだって寂しさが込み上げてくるはず。自分のことを想ってわざわざ見送りに来てくれた彼女に、嬉しさを感じることでしょう。

彼氏が帰省中の過ごし方

いよいよ帰省中のポイントです。ここで重要なのは彼氏に「重い」と思われないこと。
帰省中に自分のことを思い出させるポイントと、これだけはしてはいけないNG行動をしっかり押さえましょう。

帰省中のポイント1 写真を送ってもらう

「あなたが生まれた町の景色を見たい」とさり気なく彼氏に伝え、思い出を共有しましょう。彼氏が帰省中にアナタもどこかへ出かけるのであれば、出かけた先の見た景色や思い出を、写真付きで彼に送ってみるのも良いかもしれません。

用がないのに連絡をとるというのは、人によっては話題に困るもの。そこで、会えなくてもお互いに思い出を共有することで、離れていても心の距離はぐっと縮まります。
実際に彼氏が写真を送ってくれたら、「いつか私も一緒に見たいな…」なんて可愛いメッセージで彼をキュンキュンさせましょう

帰省中のポイント2 自分の写真を送る

写メの写真を撮る女性

景色など、自身が見たものを送るのはもちろん、自分の写真を送るのも一つの手。ただし、自撮りでは引いてしまう男性もいるかもしれないので、どこかに外出した時、友達に撮ってもらうのがおすすめです。
すぐには会えない距離にいるあなたの顔を見ることで、彼氏の寂しい気持ちが駆り立つはず。彼氏も思わず「早く会いたい」と本音を漏らすかもしれません☆

帰省中のポイント3 次会ったときに何がしたいか伝える

帰省中も、カレが帰ってきてからどこに行きたいか、一緒に何をしたいかを会話に盛り込んでみてください。楽しみが増えることで彼氏の頭もあなたでいっぱいに!
また、彼氏がいない間に起きた面白い出来事などを「早く話したいなぁ」と伝えれば、遠回しに「早く会いたい」と伝えていることにもなります。これなら彼氏も重くは感じません◎

帰省中のポイント4 彼氏への不満を漏らさない

彼氏の連絡頻度が下がったり、SNSに女の子も交じった楽しそうな写真が載っていたり……。彼氏に会えないことで、帰省中は思い通りにならないこともあるでしょう。彼女としては心中穏やかではないでしょうが、LINEやメールを使って不満をぶつけるのはNG。文章は顔が見えないため、あなたの口調や表情がわかりません。そのため誤解を招くこともありえます。

例えLINEやメールで仲直りしたとしてもモヤモヤが残り、お互いにその後の帰省期間を気持ちよく過ごすことができない可能性も…。彼氏としても久々の地元にはしゃぎすぎている部分もあるでしょうから、多少のことなら広い心で許してあげてくださいね。

帰省中のポイント5 寂しいアピールはほどほどに

スマホを見ながら涙ぐむ女性

一時の遠距離であまりに寂しさをアピールし過ぎると、彼氏は帰省を心から楽しめなくなってしまいます。会えない期間というのは、お互いの気持ちを確かめることができる大事な期間でもあります。そこであなたに「重い」と感じてしまったら、彼氏は「別れる」という最悪の決断を出してしまうかもしれません。「楽しんできてね!」くらいの心遣いができる余裕を持ちましょう。

中でもSNSを使って遠回しに寂しさを訴えるのはNG中のNG!彼氏に罪悪感が生まれたり、「面倒くさいな」と思われる可能性大。SNSに書くくらいなら、素直に「寂しい」と直接伝えた方がマシです。

彼氏の帰省は二人の絆を深めるチャンス

今回は彼氏が帰省するにあたってのコミュニケーションの取り方についてご紹介しました。
「初めて彼氏が帰省する」という女性ならば不安があって当然!しかし、これからもずっと彼氏と一緒にいたいなら、「一人じゃ何もできない」というのはいけません。
一人の時間を持つのも大切な二人の時間です。会えない分、会えた時の嬉しさは何倍にもなります。ぜひ彼氏の帰省をきっかけに、もっとラブラブなカップルになってくださいね

また、彼氏の帰省中には好きな人に会いたいと思われる女になる方法も合わせてチェックして、次にカレと会うまでにオンナを磨きましょう!

メニュー閉じる