上手な彼氏との別れ方・お互いが失恋を引きずらないために

彼氏との別れ方って悩みますよね。どうすればスムーズに別れられるのか考えていてもまとまらないことがあります。でも、振っても振られても傷つかない別れはありません。2人にとって後を引きずらない別れ方を紹介します。

上手な彼氏との別れ方・お互いが失恋を引きずらないために

告白より悩む!?彼氏との別れ方

別れは告げるのも告げられるのも苦しいもの。別れを予感しながらも、なんとなくつき合い続けているカップルも結構いますね。そもそも、お互いの気持ちが冷めきった関係なら、別れを悩む必要はありません。どちらかに気持ちがあるから悩むのです。
それなのに、一発で綺麗に別れようとしたがっていませんか?多少なりとも想い合った仲なのだから、綺麗にいかなくて当たり前。綺麗さよりも、後々こじれさせない方が大事です。振ったときも振られたときも、後を引きずらない彼氏との別れ方をまとめました。

円満に別れたいときの別れ話のしかた

無理に友達関係に戻る必要はないけれど、今後も友達グループでつき合いがありそうなら、できれば今後も普通に接したいですよね。別れた後もぎすぎすしたくない、そんなときはどういう風に別れを切り出したら良いのでしょうか。

その1 ごまかさないで本当のことを言う

恋愛関係は終わらせたくても、信頼関係は残さないといけませんから、どうして別れたいのか本当のことを言いましょう。後で嘘だったとばれたときに揉める原因になります。言いづらいことであれば、すべてをさらけ出す必要はないので、彼が納得するような言い方を考えて。
例えば、他に好きな人ができた場合は、いつからとか、誰かといったことは別れるのには重要な点ではありませんね。伝えたいのは「今はあなたを好きという気持ちがなくなってしまった」ことなので、それがしっかり伝えられればOKです。

別れの理由は嘘をつかず本当の理由を伝える

その2 相手のリアクションを受け止める

気持ちが揺れそう、とかケンカになったら嫌だな、という気持ちから彼の別れ話に対するリアクションをあまり求めていないとは思いますが、そこは拒否せず頑張って受け止めましょう。

意思を曲げない強い気持ちを持って

彼が納得したことをきちんと見届けましょう。あの手この手で連絡がくるかも知れませんが、ぶれない態度で接するには常に最初に別れを告げたときの気持ちを思い出すようにするのがポイント。

彼が諦めたことがきちんと確認できないと、ストーカーになったり噂を流されたりといった、別の危険性も出てくる可能性もありますからね!

その3 今までありがとうの気持ちを伝える

今まで一緒に過ごしてくれてありがとう、と言うことで感謝と同時に終了の意思表示になります。別れた後も会う機会が多いようなら、「これからは友達としてよろしく」と念を押しておきましょう。

最後にお礼を言う

円満に別れるためにも

一緒に過ごした時間まで否定するのはやめましょう。

悲しい別れ話に感謝の気持ちを上乗せすることで、もう2人の時間は終わったのだという実感が強くなります。

きっぱり縁を切りたいなら手段は選ばない

二股をかけられていたことが発覚!ひどすぎる束縛でもう疲れた!そんな正直すがられるのも嫌なときは、ぐうの音も出ないくらい黙らせてやりたいですね!相手を打ちのめすには、腹立ちをぐっとこらえて逆に冷静に対処する方が効果的。

その1 決して感情的にはならないで

怒りや悲しみにまかせて文句を言ってしまうと、途中で自分も何が言いたかったのか見失うし、相手にはただのだだっこに見えてしまいます。

感情と別れ話を一緒にぶつけてしまうと

あなたの怒りが収まれば別れの危機も去るのでは、と勘違いさせてしまいます。別れたい気持ちが一時の感情ではないことがきちんと伝わりません!

なぜこれからもつき合い続けることができないのか、ダメな理由を冷静に伝えましょう。

彼氏との別れ方は感情的にならずに

冷静になれなさそうなときは、初めにメールで伝えるのもありです。文章にすることで自分でも気持ちが整理できるメリットも。顔も見たくない!と思っているなら、そのまま別れられたらラッキーですね。

その2 相手によって時には嘘も必要

別れた後もしつこそうな相手なら、諦めさせるための多少の嘘も用意しましょう。

例えば、別れた後に会いたいと言われたら

  • 酷いことをされたから会うと体調が悪くなる
  • もう彼氏がいるから無理

しっかり縁を切りたいなら、自分が悪者になることも覚悟して最初から冷たく冷静に別れを切り出すのがベストです。

振られそう!心残りがあるときは・・・

もし、あなたが振られそうな気配を感じていて、よりが戻る可能性を残したいなら、別れ際に彼の心に爪あとを残すような振る舞いを心がけて。

その1 まだしばらくは好きなことをほんのりと匂わす

気が変わったら戻ってきてもいいんだよ、と言わずに雰囲気で漂わせましょう。彼があなたのことをふと思ってしまう率を高める作戦です。

別れ際に言われると心に残ってしまうセリフ

  • しばらくは忘れられそうにないから、恋愛は当分いいかな
  • 好きでいるのは、構わないよね
  • 迷惑かけないように、こっそり応援してるね

まだ少しだけ好きだと言っておく

彼の心がぐらついたとき、あなただったらまた支えてくれそうだと連絡したくなるかもしれません。その時に彼の背中を押すきっかけを別れの場面で作っておくのです。

その2 間違っても追いかけない

押すのと追いかけるのは違います。追いかけられると逃げたくなります。ましてや別れた相手ならなおのこと。
どうして私じゃだめなの、もっと納得できるように説明して!と追いすがりたくなる気持ちは分かりますが、追いかければ追いかけるほどしつこいあなたの態度に彼の気持ちは離れて行ってしまいます。

別れ際は追いかけないこと

その3 独りになった自分を見つめなおす

失恋の痛みはなかなか消えるものではありません。彼を忘れる努力をする必要はありませんが、彼と別れて良かったことを無理矢理でも見つけて、それを楽しむようにしましょう。
次に会ったときにボロボロのあなたよりも、前よりも輝いているあなたの方が、「俺と別れた後何があったんだろう?」と気になります。そしてあなたにとっても、辛いことばかり考えないで新しいことに目を向けるいい機会です。

独りになって自分を見つめ直す

素敵女子は失恋をも次のステップへ変える!

振っても振られても、失恋が辛くない人なんていませんよね。でも終わった恋をいつまでも気にしていては次の恋にもなかなか進めません。彼と過ごした時間で得たものを、次はもっといい恋をするために活かしていきましょう。

そのためには無理矢理引き裂くような別れ方ではなく、別れ話の切り出し方特集を参考に、次に進むための決別として捉えられるようにもっていくのが、これからの2人のためになる別れ方です。

メニュー閉じる