元彼とよりを戻す方法・彼氏との復縁のきっかけ掴む6項目

元カレとよりを戻す6つの復縁方法を紹介!「誕生日メールを送る」「昔の自分とは違うことをアピールする」など、意外と簡単なことでOK!楽しかったあの頃を取り戻す、ヨリを戻す方法を試してみてくださいね。

元彼とよりを戻す方法・彼氏との復縁のきっかけ掴む6項目

元彼とよりを戻す方法が知りたい…

あのときはカッとなって勢いで別れてしまったけれど、時間がたてばたつほど私にはやっぱり彼しかいないのかもしれない、と思えてきて辛い…そんな女性は意外と多いのではないでしょうか?

ゼロから新しい人と出会って恋愛するよりも、一度付き合った相手のほうが、お互いへの理解も一緒にいる安心感もありますよね。「またすぐ嫌になったらどうしよう」という不安は残るかもしれませんが、それを差し引いてもヨリを戻すことにはたくさんのメリットがある場合も。しかし、復縁を叶えるためには彼の気持ちは重要なポイントとなるから再アプローチには注意が必要。

今回は、そんな「元彼とよりを戻したい!」というみなさんのために、復縁のきっかけを作る6つのポイントをピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

方法1 誕生日おめでとうメールを送る

別れても友達として連絡を取り合っている人なら良いのですが、別れたらそれっきり一切連絡を取っていないという人もきっと多いかと思います。そんなとき、よりを戻したくなったからと言っていきなり「まだ好きなんだけど」と連絡をしても、相手はどう反応していいか困ってしまいますよね。

そこで、別れてからの最初の連絡には、誕生日など相手のお祝いができる日を狙うのがおすすめです。誕生日を祝ってもらって嬉しくない人はいませんし、日常とは少し違う特別なタイミングだからこそ、相手の印象にも残りやすくなります。

元カレの誕生日におめでとうメールを送る女性

お正月などのイベント時も◎

特別なタイミングといえば、お正月やクリスマスなどのイベントを利用するのもアリ。「あけおめメール」から近況を尋ねる流れに持っていくのもナチュラルで良いですよ。

方法2 「あの頃とは違う私」をアピールする

別れたあと成長した女性

友達として連絡を取れるようになったら、次にやるべきは「私はもうあの頃の私とは違うのよ!」としっかりアピールすることです。いくらまだお互いに気持ちがあったとしても、別れた当時のあなたと彼のままでよりを戻せば、また同じことになるんじゃないか?という疑念は彼の中でもぬぐえないかもしれません。

「あの頃は本当に自分勝手だった」「今はちゃんと相手の気持ちを考える余裕ができた」などなど、当時を反省しつつ前向きに成長しているあなたの姿をさりげなくアピールすることで、元彼の気持ちが動く可能性は高いでしょう。

方法3 あえて恋愛相談に乗る

元カレの恋愛相談に乗ってよりを戻す方法

本音では「私とよりを戻してほしい」と思っていても、それを露骨に訴えてしまうと元彼から疎ましく思われてしまう危険があります。そこで、最初は元彼の恋愛相談に乗ることから、徐々に心の距離を近づけていきましょう。

元彼にとって、一度付き合って弱みもすべて知られているあなたは本音で相談を持ちかけやすい存在。その立場を利用しつつ精一杯元彼のことを励ます一方で、聞き出した元彼の悩みに対して「私がまだ彼女だったら○○してあげられるのになぁ…」とさりげなく自分をアピールしてみましょう。

方法4 共通の友人から「まだ好き」を伝える

よりを戻したい時に、一番やってはいけないことって何だか分かりますか?正解は、しつこく言い寄ることです。一度別れているだけに、もう一度付き合うというのは元彼にとってもデリケートな問題。もし可能であれば、共通の友人から「あいつまだお前のこと好きみたいだよ」というふうに、ふんわり元彼の耳に入れてもらいましょう。

元カノはまだ好きだと伝えてもらう作戦

まずはそうして第三者の協力を得てあなたの存在を意識させるよう仕向けることで、元彼の中でそれが嬉しいことなのかどうか気持ちを整理してもらうことができます。もしあなたの気持ちを今でも嬉しく思ってくれているなら、あなたから連絡を取った時にも好意的な反応が返ってくるでしょう。

方法5 過去ではなく今の二人の話をする

別れた原因が元彼にあったとしても、当時の元彼を責めるような話を蒸し返すことは絶対NG。たとえ楽しかったデートの話であっても、「あの頃は○○だったね」という話は、繰り返すことによりどんどん二人の関係が「今はもう終わってしまったもの」としてお互いの意識に刷り込まれてしまいます。

終わってしまったのではなく、今でもまだ続いている、これからさらに続いていく関係として盛り上がれるような話題を、積極的に見つけていきましょう。

コレで今の二人が盛り上がる!

今観に行きたい映画やイベント、今ハマっている食べ物など「今」の二人の共通点を探ることで、昔とは違った新しい二人の関係を築いていくきっかけになりますよ。

方法6 相手が好きになってくれた自分を思い出す

人が誰かを好きになるきっかけは、そうそう変わるものではありません。以前付き合っていたとき、元彼があなたを好きになってくれたきっかけは何だったのでしょうか?付き合っている中で「ここが好き」と言ってもらえたところなど、相手が自分のどこに好感を持ってくれていたのかを思い出すのが復縁の第一歩です。

つまり、そのポイントを今回も元彼の前で引き立たせれば良いのです。今は友達に戻っていても、「忘れてたけど、こいつのこういうところ好きだったんだよな~」と元彼に思わせることができればこっちのもの。「今でも変わらないんだな」という感動から、もう一度あなたへの気持ちが復活することは十分にあり得ます。

よりを戻したくなった元彼

成長したあなたと変わらないあなたのバランスが重要

かつてあなたが悪かった部分は前向きに成長を遂げ、元彼が好きになってくれた部分は変わらないまま。これが、元彼がよりを戻したいと思える理想のあなたの姿です。この理想に少しでも近付けるよう、もしくは近付いているように見せられるよう、工夫することが復縁の最大のポイントと言えます。

一度別れてからよりを戻すことができたカップルは、その後長続きしやすい傾向もあります。誰もが復縁する時にはそれなりの覚悟を持って再スタートするので、相手への思いやりがより深くなるのかもしれませんね。大好きな彼とめでたくよりを戻すことができるよう、今回ご紹介した方法の他にも、復縁したいと思われる方法特集を参考に実践してみてくださいね!

メニュー閉じる