ブサメンに美人彼女がいる理由ブサイクでも愛しい男の特徴

ブサメンってたまにものすごく可愛いコと付き合ってることがあるけど、あれってどうして!?これまで疑問だった女性必見!本当に男性を見る目がある女性はみんな知ってる、知られざるブサメンの魅力についてご紹介していきます。

ブサメンに美人彼女がいる理由ブサイクでも愛しい男の特徴

ブサメンなのに美人彼女と付き合える理由

何気なく街を見渡していると、意外と目に付くのがどこからどう見てもブサメンな男性×どこからどう見ても可愛くて非の打ち所がない女性のカップル。まさに実写版「美女と野獣」じゃないですか!と思わずにはいられませんが、純粋に不思議だなぁ~と感じる人もきっと多いはず。

だってあんなに可愛くておしゃれな女の子なら、もっとイケメンを狙ったって良いようなものなのに…と、外野がどうこう言う問題じゃないとは思いつつも、やっぱり気になってしまいますよね! そこで今回は、可愛くて美人な女性があえてブサメンを選ぶ時、そこには一体どんな心理が働いているのか、私たちがまだ知らないブサメンの秘められた魅力を探るべく、リサーチしてみました☆ これまでイケメンしか眼中になかったというそこのあなた! もしかしたら目からウロコが落ちてしまうかもしれませんよ!?

イケメンとの格差がひどい!?ブサメンの特徴

美女たちがブサメンを選ぶ理由をチェックする前に、まずはブサメンってどのあたりからがブサメンなの?というブサメンの基準をおさえておきましょう。そもそもイケメン・ブサメンというジャッジには人それぞれの好みも影響しやすいので、基準といっても「ハイここからがブサメンでーす!」ときっちり線引きできるわけではありません。

イケメンとブサメンの矢印標識を見て悩む男性

ただ、世間ではイケメンと言われているけど自分の好みではない、という男性芸能人がいたり、逆に自分はとても好みだけどみんなの言うイケメンとはちょっと違うんだろうな~と思うことがあったり、イケメンにはなんとなくの基準ってありますよね。それのブサメン版を、ここではちょっと掘り下げてみたいと思います。

目鼻立ちのバランスが悪い男性=ブサメン

目が小さかったり、鼻がやたらと大きかったり、目鼻立ちのバランスが悪いとどうしても外見的にブサイクな印象になります。こういう男性たちをまとめてブサメンと呼んでいるわけですが、若い頃にはブサメンでもイケメンでもない、いわゆる「フツメン」と呼ばれていた男性たちも、結構良い歳なのに全然モテない…という状況に陥ってくると、次第にブサメン扱いされ始める傾向があります。

つまり、ブサメンにはなんとなく女性とは無縁の、地味な人生を送っているようなイメージがつきもの。イケメンとの扱いに色々と格差があるのも、このイメージが原因のひとつになっているような気がしてなりません!

ブサメンはつらいよ…イケメンとの扱いの差

ブサメンとイケメンとでは、まったく同じことをしていても世間からの見られ方が結構違うところも見逃せないポイントです。たとえば…

イケメン

俺、インドアだから休みの日はゲーム三昧なんだよねー

女子

えー!そうなの?意外(ギャップ萌え

ブサメン

俺、インドアだから休みの日はゲーム三昧なんだよねー

女子

ふーん(なんだ、やっぱりオタクか)

女子同士の噂話の最中にも…

女子A

イケメンくんって、学生のとき成績学年トップだったんだって!

女子B

うそー!何それもう完璧かっこよすぎる~///

女子A

ブサメンくんって、学生のとき成績学年トップだったんだって!

女子B

うわっ…ガリ勉だったんだね~

この風当りの強さ、思わずブサメンくんに同情してしまいます…。ほかにも、寡黙なイケメン→「クールでミステリアス、寡黙なブサメン→「何この人…気味悪いんだけど…」というように、挙げていけばキリがないほどちょっとしたことでも格差を感じることが多いというブサメンの日常。これでは恋愛面でも好きな女性と両思いになるのはなかなかハードルが高そうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

彼女ありブサメンをリサーチ!ブサメンでも○○ならもてる

ここからは、実際ブサメンだけど彼女がいます!(しかも結構可愛いです!)という男性を参考に、ブサメンというハンデを負いながらも(?)彼らがもてる理由を徹底解明! リサーチの結果、ブサメンでも○○ならもてる!といういくつかのパターンが見えてきました。

パターン1 キラリと光る才能がある

マイクに向かい歌う男性

楽器を弾くのが上手かったり、絵や文章など何でも良いのですが、芸術方面に光る才能がある場合、世の女性たちはもはや彼がブサメンであることを忘れてしまいます。もしくは、ブサメンであることが逆に彼の個性をパワーアップさせてくれて、「やっぱり彼って普通の人とはオーラが違うよね!」と憧れの対象になることすらあるのです。

パターン2 物のとらえ方がポジティブ

世間から色々と冷たくあしらわれることの多いブサメンは、どうしても考え方がネガティブになりがち。そもそも自分に自信がないので、何をやっても上手くいく気がしない…と悪循環に陥っているブサメンも少なくありません。そんな中、めげずにポジティブシンキングを保っているブサメンがいるとしたら、これは間違いなくもてます。ブサメンであることをウリにしているお笑い芸人のように、ある意味無敵キャラとして周りから認めてもらえるのです。

パターン3 愛嬌がある

指で眼鏡をつくる男性

ブサメンはブサメンでも、パグ犬のようにどこか憎めない愛嬌がある場合、世の女性たちはブサメンを放ってはおきません。イケメンを見る時のようにキラキラした眼差し…とまではいかなくても、愛犬を可愛がる時のような温かい眼差しでブサメンに接してくれます。一時期「キモかわいい」という言葉が流行ったこともありましたが、ブサメンの場合はまさに「ブサかわいい」。ブサイクなところが逆にチャーミング!とユーモアを感じさせます。

パターン4 筋肉がある

ブサメンでも、女性が思わず惚れ惚れしてしまうような男らしい身体つきなら話は別! 特に女性に人気の高いソフトマッチョは、ブサメンでも関係なくもてるという説があります。男性の筋肉には、やっぱり無条件に女性をドキドキさせてしまう何かがあるようです…!

さらに、筋肉隆々で顔までキリッと整っているとなんだか近寄りがたい…という女性も意外と多く、筋肉で引き締まった身体×ちょっとブサイクでゆるい顔の男性のほうが、親しみが持てるのだとか。確かに、そのギャップには母性本能をくすぐられそうです!

検証!美人がブサメンと付き合っているのはなぜ!?

それではいよいよ、可愛くて美人な女性がイケメンよりもブサメンを選ぶことがある、その理由を検証していきましょう! 先ほどご紹介したブサメンがもてるパターンから、なんとなく想像がつく部分もありますが…もしかしたら、これを読めばあなたも今すぐブサメンと付き合いたくなっちゃうかも!?

理由1 性格イケメンだから

顔はブサメンだけど心はイケメン! なるほど~と思わずうなずいてしまうこちらの理由は、ブサメンならではの涙ぐましい努力の結晶でもあります。どういうことかというと、ただ黙っているだけで「カッコイイ!」とちやほやされるイケメンとは違って、ブサメンは人に好かれるためには一体どうすれば良いのか、という研究をそれこそ物心ついた頃からず~っと繰り返しているわけです。

変装しておどける男性

そのトライ&エラーの中では、心ない言葉で傷付けられたこともあったでしょう。歯ぎしりするほど悔しいこともあったでしょう。そう、ブサメンはイケメンよりもずっと挫折を味わう機会が多いからこそ、その分人の痛みに敏感になれますし、心がタフになります。また、実際研究が実を結ぶこともあるので、それなりに人当たりの良い性格になったり、話術や振る舞いで相手を気分よくさせることが上手になるブサメンも多いのです。

美女たちが魅力を感じるのは、まさにそういうブサメンたち! 地道な努力を重ねることができ、「自分がされて嫌なことはしない」というブサメンゆえの実感がこもった思いやりにあふれた男性だからこそ、美人に選ばれます。

イケメンはいざという時に弱い?

人生をイージーモードで生きてきたイケメンは、いざという時にどうすれば良いのかオロオロするばっかりで、まったく役に立たないという声も多数。性格イケメンなブサメンのほうが、よっぽど男らしくて頼りになることも多いのです。

理由2 彼女に一途だから

ブサメンは、やっとの思いで付き合うことができた彼女のことをとことん大事にします。イケメンとは違って次にいつチャンスがめぐってくるか分からないからこそ、今目の前にある恋にいつだって全力なのです。

彼女命のいかつい男性

また、いくら男性本人が一途だとしても、イケメンの場合は周りの女性が構わずアプローチしてくることなんて日常茶飯事。いくら彼を信じているから…とはいっても、やっぱりいつ魔が差さないとも限りませんし、心のどこかでは常にハラハラしていなければなりません。

そういう意味でも、ブサメンと付き合ったほうが心穏やかな日々を送れる…ということでブサメンを好む女性も多いみたいですよ。

理由3 自然体でいられるから

ブサメンの男性と一緒にいると、無理に自分を飾り立てなくても大丈夫という安心感があります。それはそもそも男性自身が見た目で勝負しているタイプではないからで、ファッションやメイクにそこまで気を張らなくても、相手が幻滅することはないと分かるからです。

可愛い女性も実は大変

可愛い女性は、可愛いゆえにちょっとでもおしゃれに気を抜くと「もったいない」と言われたり、サボっているように見られたりしがち。可愛い女性にはいつでも可愛くしていてほしいという周りの勝手な期待が、女性にとってはプレッシャーなこともあります。

イケメンも、ファッションのセンスがなかったり髪型がダサかったりすると「残念なイケメン」と言われることがありますよね。イケメンに対しては周りも求めるレベルが高くなりがちなので、そのレベルがクリアできていなかった時のガッカリ感が強くなります。

その点、誰からも特に期待されることのないブサメンは、少しでも平均を上回るポイントがあると一気に「意外とカッコイイ!」と評価が上がりますし、そういうポイントがなくてもそれが自然体なので、付き合う女性としても同じように自然体で、背伸びすることなく付き合っていけるというメリットがあります。

理由4 すべてを受け入れてくれるから

先ほどもチラッとお話しましたが、ブサメンはこれまでの人生で様々な挫折や理不尽な思いを味わってきています。だからこそ、イケメンではこうはいかない!という独自の包容力を身に付けていることが多く、女性がどんなに情けない姿を見せてもわがままを言っても、すべてを優しく包み込んでくれます。

彼氏の肩に頭をのせて微笑む女性

付き合う男性に包容力を求める女性にとっては、こんなに理想的な相手は他にいません。人の心の痛みが分かるブサメンならではの、懐の深さです。

理由5 自分好みに改造できるから

イケメンは、見た目を褒められることが多い分、自分の外見にある程度のこだわりを持っていることがほとんどです。そのため、「彼ならこういうファッションのほうが似合うのにな~」「こういう髪型にしてみてほしいな…」と思うことがあっても、なんとなく言い出しづらいですし、仮に言えたとしてもほとんど聞き入れてもらえることはないでしょう。

そのため、付き合う男性を自分色に染めたいという願望のある女性は、イケメンを選ぶとイライラすることが多いかもしれません。一方、ブサメンは外見に関しては自信がない、むしろ積極的に彼女にアドバイスして欲しいと思っている人が大半なので、喜んで彼女の好みに合わせてくれます。それによって「自分、イケてるかも!」と自信がついて、ブサメンからフツメン、雰囲気イケメンくらいまでなら狙える可能性もあります。

ブサメンは親しみやすくて心優しい

今回ご紹介した美人がブサメンを選ぶ理由は、もちろんすべてのブサメンに当てはまるわけではありません。中にはあまりに世間から理不尽な対応を受け続けて、拗ねてしまっているブサメンも確かに存在します。

ただ、一般的な傾向としてはやっぱりブサメンはイケメンよりもずっと親しみやすく、競争率も高くないので付き合う相手としてはとっても狙い目。過去の経験をバネに頑張っているブサメンなら、性格はそんじょそこらの男性よりよっぽどイケメンなことも多いものです。ブサメンだからといって最初から「ないわ」とはじいてしまうのはもったいない! 
イケメンORブサイク彼氏にするならどっち?をよく読んで、実は心優しく女性に一途なブサメンを、ぜひあなたの目で見つけ出してみてくださいね☆

メニュー閉じる