付き合って3か月の倦怠期を突破して落ち着く恋をする方法

付き合って3ヶ月には不安がいっぱい!倦怠期が訪れやすいとも言われている付き合って3ヶ月を乗り切る方法や、付き合って3ヶ月で別れることになってしまったカップルに共通する特徴を今すぐチェックして、長続きの秘訣を探っていきましょう。

付き合って3か月の倦怠期を突破して落ち着く恋をする方法

付き合って3ヶ月は付き合い立てより不安がいっぱい…?
解消方法が知りたい!

付き合って3ヶ月、付き合って3年など、3のつく周期で訪れやすいと言われている倦怠期。その第一波となる、付き合って3ヶ月は、どんなカップルにも訪れる最初の試練と言えます。付き合いたての頃は彼氏ができたことがとにかく嬉しくて、何をやるにもウキウキワクワク♪できればずっとそんな楽しいお付き合いを続けていきたい…それはまさに全女性の切なる願い!

そこで今回は、付き合って3ヶ月のカップルに訪れやすい倦怠期や不安感の乗り越え方を、たっぷりピックアップしてみました。本当はこんなモヤモヤなんてしたくないし、そもそもなんで自分がこんなに不安になってるのかも分からないし…そんな女性にこそチェックしてほしい、恋するときめきを長続きさせるための秘訣をご紹介します。

付き合って3ヶ月で別れるカップルの特徴

付き合って3ヶ月というのは、実はカップルが別れを決断するのに結構メジャーなタイミングでもあります。先ほどからお話している倦怠期に負けてしまったり、具体的な別れの理由はカップルによって様々ですが、まずはそんなカップルの別れから学べる大まかな傾向をチェックしておきましょう。

これから付き合って3ヶ月を迎えるカップルには見逃せない、付き合って3ヶ月で残念ながら別れることになってしまったカップルの特徴とは…?

特徴1 出会ってすぐに付き合った

見つめ合って笑顔の男女

出会って間もなく付き合い始めたカップルは、友達から彼氏彼女に昇格したカップルに比べてやっぱり破局率が高め。合コンや友達からの紹介では、どうしても出会うことそのものが目的になっているので、「付き合う?付き合わない?」という選択をすぐに迫られがちですよね。

あんまりズルズルするのはお互いにとって良くないし…なんて思ってエイッと付き合うことにしたは良いものの、付き合ってから発覚した相手のクセや新事実に対応しきれなくて、「ごめんなさいやっぱりムリです…」となるカップルは案外多いのです。

特徴2 逆に付き合うまでが長すぎた

一つ目の特徴とは逆に、もうずーっと長い間片思いをしていて、数年越しにようやくその思いが実った!というケースのカップルも、場合によってはすぐ別れてしまうことがあります。「せっかく長年の夢が叶ったのになんで!?」と、周りはみんな不思議に思うのですが、長年の間相手のことをひたすら想い続けたゆえに、自分の中で相手を美化しすぎてしまっていたり、相手をまるで理想の王子様のように思い込んでしまっていたりする危険があるのです。

期待しすぎはNG?

何事も期待が強すぎると、その通りじゃなかった時のガッカリ感や裏切られた感が強くなってしまうものですよね。付き合い始めて相手の現実が見えてくると、「私が長年想い続けていたあの人はどこへ…?」という狐につままれたような感覚に陥る女性もいます。

特徴3 付き合うや否や結婚の話

レースのベール越しに見つめる女性

結婚願望の強い女性は、彼氏ができるとつい「ここの結婚式場、昔から憧れなんだよね~」「ねぇねぇ、結婚したらどんなところに住みたい?」というような相手との結婚をにおわせる話をガンガン振ってしまいます。相手も同じように結婚願望が強ければむしろ喜んでもらえる話題ですが、ほとんどの男性にとって付き合って3ヶ月以内で結婚の話を振られても「え、あの…」と戸惑うことしかできません。それを「価値観のズレ」と感じて、頭の中では別れに向かって一直線な男性も多いのが事実なのです。

特徴4 一緒にいる時のテンションが高い

メールやLINEではいかに相手のことが好きで愛しているかのやり取りを延々と続け、デートではいつもキャーキャーはしゃぎまくり。一見超絶にラブラブでうらやましい限りですが、相手と一緒にいる時のテンションがお互い妙に高いのは、カップルとしての寿命を縮める原因のひとつになります。

それはズバリ心のどこかで「カップルってこういうものだよね!」という姿を演じているからで、楽しくしなきゃ、ラブラブでいなきゃと無理をしているから。1日2日ならそれでも大丈夫ですが、会うたびに毎回そういった無理を重ねていれば、いつかどっと疲れが出ます。

特徴5 付き合ってるのに片思い

思い悩む女性

もうひとつ付き合って3ヶ月あたりで限界がきやすいのは、お互いの相手を想う気持ちのバランスが悪い時。片方がもう相手のことをまるごと食べちゃいたいくらい大好き!という盛り上がりようで、もう片方はまだそこまで相手のことを好きになりきれてはいないけど、これからゆっくり気持ちを温めていきたいな、と考えているカップルの場合、付き合っているとは言っても実際は片方の片思いが継続しているようなものですよね。

それでもお互い歩み寄ることができればバランスを保つことは可能ですし、ほとんどのカップルはそうやって良い関係を築いています。しかし、その差を埋められないほど想いに距離があったり、片思いしている側がその状態に不満を持ち始めると、カップルとしては別れざるを得なくなることもあるのです。

特徴6 お互いの生活リズムが違う

最後の特徴は、物理的に会う時間が確保できない場合です。仕事の勤務時間の都合などでお互いの生活リズムが違うと、どれだけ会いたい気持ちがあってもすれ違いばかりが発生してしまいます。むしろ会いたい気持ちが強いカップルほど、このすれ違いに耐えられず別れを選択してしまうでしょう。

付き合って3ヶ月の倦怠期を乗り越える!5つの方法

付き合って3ヶ月で別れてしまうカップルには、色々な特徴があることが分かりましたね。「すでにいくつか当てはまってるんだけど…」と、さらに不安になってしまった人もいるかもしれません。でも大丈夫です!これからご紹介する5つの方法を参考に、今ある不安の解消からこれから先に訪れるかもしれない二人の危機に、バッチリ備えていきましょう。

方法1 減点法で見るのをやめる

まず最初に心がけたいのがコレ。減点法というのは、彼と付き合い始めた時が百点満点で、彼のガッカリなところや情けないところを発見するたびにどんどん減点していくようなスタイルのこと。無意識のうちに減点法で相手を見てしまっている女性はとても多く、今これを読んだあなたにも「そういえば…」と思い当たる節があるかもしれませんね。

背中合わせに立つ男女

一度減点法で相手を見始めると、それこそあれよあれよという間に点数は0点スレスレまで下がってしまうことでしょう。それでは相手に対する不満な気持ちばかりが心の中をぐるぐる回ってしまいます。おすすめは減点法ではなく、何か彼氏が嬉しいことをしてくれた時に心の中でこっそり花丸をつけること。あれも花丸、これも花丸と心の中にたくさんの花丸が咲きほこれば、彼の多少の失敗にも目をつぶれるようになるはずです♪

方法2 ささやかな「ありがとう」も口に出す

減点法ではなく花丸法で彼のことを見られるようになると、不思議と彼の良いところによく気が付くようになります。その中でも自分に対して彼氏が何かしてくれたことがあれば、その都度どんなに小さなことでも「ありがとう」と感謝のキモチを伝えることを忘れないようにしましょう。

「私が感謝してることくらい分かってるよね!」と言わなくても気持ちが通じていると思ってしまうのは、彼に甘えている証拠。基本的に気持ちは言葉にしない限り伝わらないということを前提に、相手に接するのがおすすめです。そう心がけるようにするだけでも、随分二人のギクシャクした空気を解消できますよ♪

方法3 相手に尽くしすぎない

「彼は本当に私のことが好きなのかな?」「急に別れるなんて言わないよね?」などなど不安でいっぱいになってしまうと、つい相手に対して必要以上に尽くしすぎてしまうことがあります。

彼氏の口元にチョコを差し出す女性

「好き」をあくまでも今の自分の気持ちとして相手に伝える女性とは違って、男性はどちらかというと一度「好き」と言えばそれを取り消さない限りはずっと「好き」のまま、という認識で過ごしているのが一般的。そういった男女の恋愛観の違いも頭に入れて、不安だからといって相手にすがりつくような態度はやめましょう。

尽くしているつもりが依存に!

付き合って3ヶ月で別れてしまう女性が陥りがちなのが、必死で相手に尽くしているつもりが相手にとっては「依存されている」ようにしか思えなかったというパターン。

不安のあまり相手にもっと好かれたいと尽くす女性は多いですが、度が過ぎると男性は「自分の時間を奪われている」ように感じたり、「必死すぎてちょっと怖い」なんていう女性からするとそれってヒドイ!と思ってしまうようなことを感じたりすることもあります。

自分の時間も充実させよう♪

不安な時に四六時中相手のことばかり考えていると、それこそ闇は深まるばかり。友達と気分転換に出かけたり自分磨きに励んだりと、自分の時間を充実させることに気持ちを割いてみましょう。

方法4 連絡がなくても相手を責めない

付き合って3ヶ月前後は、付き合い始めてすぐのふわふわハッピーオーラがようやく良い感じに落ち着いてくる頃。何はおいても相手のことを最優先させていた付き合い始めと違って、そろそろ付き合う前と同じように自分の趣味もしっかり楽しもうとし始める男性は多いでしょう。

仕事の時はもちろん、そういった趣味の時間や友達と一緒に遊んでいる時間は、男性にとって彼女と過ごしている時とはまったく別の時間。その間彼女のことをきれいさっぱり忘れているわけではありませんが、あまり思い出さないという人も多いかもしれません。つまり、自分の時間に没入している男性に対して「最低一時間に一回は連絡をちょうだい!」なんて要求するのは、束縛以外の何物でもないということです。

これが男の本音だ!

「言われなくても連絡したくなったらちゃんと連絡するよ!ていうかそうやってギャーギャー言うから連絡するのが義務みたいになってますます連絡したくなくなるんだよ!」以上、全国の付き合い始めて3ヶ月目男性の気持ちを代弁してお届けしました。

連絡をくれない男性を責めるのではなく、男性が自分から連絡したくなるような工夫を考えるほうがずっと建設的みたいですね。

方法5 オシャレに気を抜かない

先ほどチラッと出てきた「男性が自分から連絡したくなるような工夫」、そのひとつがいつまでも彼氏に「可愛い…」と思ってもらえる彼女でいること。付き合い始めて3ヶ月になると、最初の頃のようにデートの前日クローゼットを引っくり返して一人ファッションショーに励んだり、少しでも大きく潤んだ瞳に見えるメイクを研究したりということも減ってきているのではないでしょうか?

ワンピースを着てソファに座る女性

「男性はそういうのには鈍感だからどうせ分かんないでしょ?」と思っている女性のみなさん、それはちょっと甘いかもしれません。確かに男性は女性のどこがどう変わったか、というところまではピンとこないことがほとんどですが、総合的な印象として「今日はいつもとなんか違う!」「いつもより可愛い!」といった感覚は口に出さずとも抱いています。つまり、オシャレに手を抜くと「あれ…?」という違和感ぐらいは彼氏に与えてしまう可能性があるということ!

分かりやすいアピールもアリ

「このワンピース、○○君が好きかなと思って買ったんだ」「今日はデートだから新しい靴おろしちゃった」と言われたら、男性的には「俺と会うために色々考えてくれてるんだなぁ」と悪い気はしません。そういう自分のために努力してくれる彼女の姿が、健気で思わずキュンとしてしまう男性も多いはず!

会いたくなる彼女、マメに連絡したくなる彼女でいる秘訣は、「あなたに可愛いと思ってもらうための努力を一応ちゃんと重ねているんですよ☆」というさりげないアピールにアリ。ただ、これはあくまでも自己満足レベルの話であるということを念頭に、あまり押し付けがましくならないよう気を付けてくださいね!

付き合って3ヶ月記念のプレゼントはペアもので♪

今回は付き合って3ヶ月の倦怠期を乗り切るためのポイントをご紹介してきましたが、記念日を一緒にお祝いするのはラブラブを保つ秘訣のひとつ♪彼氏へのプレゼント選びのコツをよく読んで、どんなものでも良いのでささやかなプレゼントを用意しておけば、
さらに彼氏の気持ちをつかむことができると思いますよ

「これからもずっと一緒にいようね」の気持ちが伝わるペアものや、手作りのお菓子に心のこもった手紙など、本当にちょっとしたもので大丈夫。そろそろ彼女の料理の腕前を知りたいな…と思っている彼氏も多いかもしれないので、手作り料理でおもてなしするのも良さそうです。記念日をお祝いするとともに、今回ピックアップした方法や心がけを参考に、ぜひ末永くラブラブなカップル目指して頑張ってみてくださいね♪

メニュー閉じる