おあずけ恋愛テクニックとは大好きな男性に愛される方法

おあずけというモテテクをご存知ですか?男性が思わず気になってしまう小ワザを繰り出す恋に有効なマル秘テクニックで女性はもっと愛される!相手に期待をさせてからおあずけすれば男性はどんどん夢中に。好きな人や彼氏にもっと愛されたい女性必見です!

おあずけ恋愛テクニックとは大好きな男性に愛される方法

「おあずけ」の効果を実践してみた結果
本当に愛されたモテテクニック

男性は本来狩人本能が備わっており、簡単に自分の思い通りになる女性より、なかなか思い通りにならない女性を追いかけたくなる性質があります。追いかけている自分を認識することで、益々「彼女のことが好きだ」という思いが強くなる傾向にあります。女性でも、例えばダイエット中にスイーツ禁止!と決めた途端に、スイーツが食べたくなってしまうことってありますよね。“おあずけ”されると欲しくなってしまうのは、なにも男性だけの心理ではないのです。

そんな人の性質を利用して、上手く“おあずけ”を利用することで、気になる男性や付き合っている彼に、もっと愛される女性になれちゃうのです!今回は、そんな“おあずけ効果”を使ったモテテクニックをご紹介します!

おあずけを有効に使ったモテテクニックと注意点

“おあずけ”とは、やたらともったいぶることや、お堅い女性を装うことではありません。男性は、追うことは好きですが、「追う意味」がないと判断すると、「好きと言う感情」を持つ前に諦めてしまいます。「手に入りそう」なところで“おあずけ”を使うのがポイントなのです。

もうすでにいい感じになっている相手や、付き合っている彼には程よく“手に入らない感”を持たせるのがポイントです。具体的な模範例とその注意点をご紹介します。

おあずけテク1 好きな人との初デート

背中合わせに座りデートするカップル

初デートをする仲ということは、彼の方もあなたを好きな気持ちがあるということです。そして、「もしかしたら…?」なんてあわよくばの期待を持っている可能性もあります。まずは楽しくデートしていて楽しいという気持ちや、一緒に居られて嬉しいという気持ちは、相手にしっかりと伝えます。彼は、あなたが自分のことを好きだということを再確認し、どんどん期待も膨らんでいくことでしょう。ここで“おあずけ”をくらわすのです。もちろんその日は手をつなぐ以上のスキンシップはとらずに楽しい雰囲気のまま、ちょうどいい時間が来たらすぐに帰りましょう。そうすることで彼は純粋にあなたとの楽しかった時間と、多少のガッカリ感を感じながら帰宅することになり、結果「あの子にもっと会いたいかも…」と思うこととなるのです。

“おあずけ”の注意点

デートでは、できるだけ相手に言葉で自分の気持ちを伝えましょう。嬉しい・楽しい気持ちを言葉で伝えず、それすら“おあずけ”にしてしまうと「男性は脈ナシなんだ…」と思って気持ちが離れてしまうでしょう。

おあずけテク2 ペラペラ話さずサラリと流す

好きな人や彼に「昨日は何をしてたの?」「夜っていつも何してるの?」など、簡単な質問をされても全てをあけっぴろげに話してしまわないという“おあずけテク”もあります。もったい振るわけではなく「ん~昨日は何も…それよりさ」とはぐらかします。「別に」なんてぴしゃりとした言い方ではなく、サラッと流す感じで挑みましょう。

何でも話してしまう天真爛漫な女の子も可愛いのですが「本当はいつも何してるんだろう…///」とやけに気になってしまう。そんなところから恋はスタートします。あまり自分の話をベラベラしてしまわないほうが相手を「もっと知りたい」と思い、恋心がどんどん加速していくのです。

“おあずけ”の注意点

あまりにスルーが続くと「彼氏がいるのかも…」「浮気してるのか…?」などとよからぬ誤解をされてしまいます。適度にプライベートな部分をチラ見せすると特別感を与えることもできて一石二鳥です。

おあずけテク3 自分のSNSを簡単に教えない

ノートパソコンを操作しながら電話する女性

相手に自分をもっと知ってほしいときに、手っ取り早いのがSNSで繋がること。ですが繋がりすぎてしまうとあなたのおもしろキャラや、はっちゃけキャラが丸分かりになってしまい、カレの興味の対象外になってしまう可能性があります。

出会って間もない男性には特に出来る限り自分の情報はあまり知らせない方がいいでしょう。どんどん興味持たせ、「どんな子なのかな」と自分のことを相手に考えさせる時間が長ければ長いほど愛されますよ。

“おあずけ”の注意点

おあずけが逆効果になるパターンとして、意中の彼が「心配性」であったり、「自信が無い人」の場合は相手の性格を考慮して見せる部分と隠す部分の比率を変えて実践してみてくださいね!

おあずけテク4 付き合っていてもある程度の距離感を保つ

男性は、手に入らない期間が長ければ長いほど、相手を好きになったり大切にしたりする傾向があります。お金や時間をどんどんかけた相手ほど、自分の中で価値が上がっていきます。付き合ってもすぐにベッタリした関係にならないことは効果的な「おあずけテクニック」になるのです。

付き合って間もなく週末はお泊りデートが定番になっていたり、すぐに同棲を始めることや、お部屋デートで楽な格好を平気でするようになったら危険信号。付き合って日が浅いうちに自分をあからさまに見せたりせず、できるだけ適度な距離感を保つようにすると、お付き合いを進めていくうちにどんどん愛され彼女になれますよ!

“おあずけ”の注意点

ある程度距離を取ってもいいのですが、彼氏への愛情表現はキチンとするようにしましょう!“おあずけ”ばかりされていると他の女性へフラッとなびいてしまう可能性も…。

“おあずけ”で男性を夢中にできるシチュエーション

おあずけの効果的なテクニックを繰り出す方法がある程度分かったところで、実際にどんなシチュエーションでこのテクが発揮できるか具体的にご紹介しましょう!

おあずけテク5 会社のバーベキューや飲み会で

戸外の飲み会でビールで乾杯する男女

会社に好きな同僚や上司が居て、何となくいい雰囲気になっているのであれば、絶好の機会になるのが「会社のイベント」この時には、周囲を不快にさせない程度に彼の近くをキープして、どんどん会話を楽しみましょう。適度なボディータッチなども繰り出しておくと、彼の中に「この子俺のこと好きなのかな?告白されたらどうしよう」と嬉しい悩みが出てきます。

飲み会を大いに楽しんで、できるだけ彼好きアピールをして期待を持たせた後、帰り際はだらだらせずにサクッと退散してください。飲み会でさんざん仲良くしてからが“おあずけ”の真骨頂です。会社では極力普通に接して、特別感を出さないようにしましょう。そうすることで「あれ?」と相手に思わせることが出来れば作戦はほぼ成功。きっと相手から「良かったら2人で食事でも…」とお誘いがあるはずですよ

会社関係の人にはかなり使える“おあずけテク”

会社で積極的にアプローチすると失敗した時に気まずくなります。ある程度の好きアピールをした後は“おあずけ”という“待ちの姿勢”でいることが職場恋愛で失敗しない対策にもなります。

おあずけテク6 花火大会やクリスマス…季節のイベントに

季節のイベントは、人ごみで行動することも多くなります。気になる彼とグループでの行動でもいいのですが、人ごみで「迷いそうだから手つないでもいい?」と、手をつないでもらいます。手をつなぐという行為は、相手に無意識の中で恋人になった後のことを想像させます。

ギュッと握られた手に「カワイイな」「守ってあげたいな」と思わせられればOK!恋人気分を味あわせた後で少し距離を置いて“おあずけ”すれば、彼の気持ちはどんどん膨らんでいきます。

イベントを有効活用!

恥ずかしがり屋な女性も、イベントだと少しは頑張れるのでは?花火大会やフェスなど人ごみ必須のイベントに参加して、おあずけを有効に活用してみてくださいね。

浴衣姿で並ぶ男女

“おあずけ”はどんな人にも使える有効な恋愛テクニック

積極的にアプローチするより、おあずけを意識して“待ちの姿勢”でいることは、比較的誰もが出来るモテテクニックになり売りますその前には必ず「押し」も必要なので、完全な待ち状態にならないように注意してくださいね。可愛く爽やかに“あおずけ”を実践してみてください。

もっと恋愛テクニックを知りたい人はあざとい女になってモテる特集も合わせてチェックしてみてくださいね!

メニュー閉じる