素敵な女性になるために見習うべき憧れのレディの特徴7つ

素敵な女性の条件って何? 誰もが憧れる女性の生き方を参考に、素敵な女性の特徴をピックアップしてみました。素敵な女性になるためにはどうしたらいいのか、手始めに何か行動を起こしてみたい女性にとっておきの方法を教えます!

素敵な女性になるために見習うべき憧れのレディの特徴7つ

素敵な女性になるために見習うべき7つの特徴

素敵な女性って、一緒にいるだけでこちらまで気分が良くなったり、いつも自然とみんなの輪の真ん中にいたり、外見はもちろん、内面から輝いているように見えてとても憧れてしまいますよね。そんな素敵な女性のことは、当然男性だって放ってはおきません。

今回は、そんな素敵な女性になるためにはどんなことを心がければ良いのか、実際に素敵な女性の生き方を参考にしながらじっくり研究していきましょう。それでは素敵な女性になるための7つの条件をご紹介します。

素敵な女性の特徴1 心に余裕がある

植物を育てる素敵な女性

素敵な女性になるためにまず欠かせないのが、時間にゆとりを持った生活。いつも時間に余裕がなくてバタバタとしている人は、どうしてもガサツな印象を与えてしまいますし、実際に周りへの気配りも薄くなってしまいがちです。

朝起きることに関してや、ご飯を食べるときや仕事中など、あらゆることに対して時間のゆとりを持っておくと自然と心にも余裕が生まれます。そうすると、より丁寧に目の前の作業に取り組むことができますし、自分のことだけではなく周りに対しても気を回せるようになるでしょう。

心の余裕でワンランク上の女になる!

本当にデキる人は、どれだけ忙しくても周りにそれを感じさせないとよく言いますが、やっぱり周りから見た時に余裕がある人はそれだけワンランク上の女性に見えるのです。

心に余裕があれば、他人に対しても思いやりのある行動をとれる女性になれます。そんな体験談をご紹介します。

体験談

いつも笑顔を絶やさない先輩

豪快(24歳)のお話

私の勤めている会社にとても素敵な先輩がいます。その先輩は忙しいときや客先からどんな無理な要求をされたときでも、決して笑顔を絶やすことがなくとても楽しそうに仕事をこなしています。我々も彼女のおかげで辛い仕事で挫けそうな時も諦めることなく前向きに仕事をすることが出来ていつも感謝しています。まさに私たちのプロジェクトチームのムードメーカーのような存在で、彼女の存在だけでチーム内が明るくなるとても素敵な女性です。

体験談

親身に相談にのってくれる、幼稚園の先生!

しいな55(30代後半)のお話

私が素敵だなと思っているのは、息子の幼稚園の担任の先生です。見た目も可愛く色白で小顔でお洒落レベルも高いです。とにかくいつも元気いっぱいで、子供をたくさん褒めてくれます。幼稚園の先生に必須のクラスのお手紙も字が綺麗でイラストも上手だし、ピアノもお歌もダンスもソツなくこなされてます。何より子供の事で相談すると、「じゃあ明日からクラスで声かけ工夫してみますね!おうちではこういう工夫をしてみてはどうでしょうか!」とすぐにアイデアを出して協力してくださるのです。こんなにオールマイティーな先生がいるんだなと感心しきりです。能力と見た目と心、全てが揃っているのが素敵な女性の条件だなと思います。

素敵な女性の特徴2 ポジティブな言葉を使う

ポジティブなサーファー女子

さきほど冒頭でも、素敵な女性と一緒にいると不思議と気分がよくなるというお話をしましたが、これは素敵な女性がポジティブな言葉を選んで使っているから。人間関係においてネガティブな面を共有することでより仲が深まるということもありますが、さすがに四六時中ネガティブワードを連発する人と一緒にいるとこちらまでモチベーションが下がってきますよね。

同じことを言い表すのでも、言葉には必ず二つの言い方があります。目の前に半分に切られたケーキがある時、「半分しかない」と言うか「半分もある」と言うかでその印象はがらりと変わります。素敵な女性ならきっと「まだ半分もある♪」とニコニコしながら喜ぶでしょうね。

言葉をネガポジ変換しよう

「あの人ってほんと計画性がないよね」という愚痴も、言い方ひとつで「あの人は行動力があるし、土壇場に強いよね」という褒め言葉に変換することができます。なるべく否定形の言葉を避け、前向きな響きの言葉を選ぶことが素敵な女性への第一歩です。

ポジティブな女性は周りの人に幸福を分け与えるようですね。そんな素敵な女性の体験談をご紹介します。

体験談

何事もポジティブでパワフル

tomo(40代前半)のお話

私が素敵だなと感じる女性は義母です。義両親は田舎に住んでいるのですが義母は田舎特有の大変な人付き合いや行事など、嫌な顔一つせずパワフルにこなしています。私も何かと至らない嫁なのですが嫌な小言を言われた事がなく、帰省した時にはいつもニコニコと迎えてくれるので毎回本当に頭が下がる思いです。義母は何事もポジティブに考える人で、困った事や問題が起きてもその時々にベストな対処方法を見つけ、最後には何とかなるよと言って明るく笑っています。義母がいるとその場がパッと明るくなるような感じで、いつも周りには近所の人や親戚、孫たちが集まり笑いが絶えません。基本ネガティブな私にはとても羨ましく憧れの存在です。

体験談

どんなことでもポジティブに楽しめる叔母は素敵です

さりぃ(38歳)のお話

私の叔母は60歳になります。彼女は10年前に夫と死別しましたが、いつもポジティブで明るく生きている姿が素敵だと思います。彼女の周りにはいつも友人や親戚たちが集まって賑やかですし、彼女の元気ではつらつとした物言いや振る舞いは周囲の人たちを笑顔にしているように思います。スタイルもよく顔も女優さんのようなのに、それを自慢するようなことはなく、いつもノーメイクでナチュラルな雰囲気なのも素敵です。彼女のように内側からの美しさが外にもにじみ出ているような女性になりたいですし、彼女のようなポジティブで明るい人生を歩みたいです。

素敵な女性の特徴3 人の悪口を言わない

明るい話をするカップル

素敵な女性が、人前で誰かの悪口を言うことはまずありません。逆に言えば、どんなに素敵に見える女性でも、誰かの悪口を言い出した途端にステキオーラが薄まったように感じてしまった経験はありませんか?

他人のことを悪く言う時、人はどうしても自分のエゴやドロドロした感情を言葉に乗せて発しています。どれだけ素敵な女性であっても人間ですから、そういう感情があること自体は当然です。しかし、それをあえて人前でさらけ出すことはありませんよね。素敵な女性はドロドロした気持ちを自分の中で浄化するのが上手なのです。

自分なりにストレス解消

素敵な女性は、もれなく自分なりのストレス解消法をマスターしています。誰かに気持ちをぶつけなくても多少のイライラなら自分の中できちんと片付けることができるのです。つい周りを巻き込んで騒いでしまうという人は、まず自分が一人でも上手にストレス解消できる方法を見つけましょう。

素敵な女性の特徴4 ユーモアがある

ユーモアあふれる素敵な女性

素敵な女性は、会話にユーモアを散りばめるのがとっても得意♪分かりやすく言えば、おちゃめな女性といったところです。いつでもピンと背筋が伸びた女性も美しいですが、ほどよくフレンドリーで、たまには冗談を飛ばすくらいのくだけた女性の方が、人としての深みを感じさせてくれます。

「私は冗談とかうまく言えるタイプじゃないな…」という女性でも大丈夫。ユーモアへの理解を際立たせるためには、普段はむしろ人一倍キチンとしていた方が効果的です。しっかりしていて真面目だけど、誰かの冗談には率先して笑っちゃうくらいのギャップがあなたをグッと親しみやすい女性に見せてくれます。自分で面白いことを言う自信がない人は、相手の話に積極的に笑ってあげましょう。

素敵な女性の特徴5 バランスの良い食生活が習慣化されている

サラダ

誰もが憧れる素敵な女性になるためには、食生活もとても大切。食べることは生きることとも言いますから、普段どんなものを食べているかはその人の生き方に意外と大きな影響を与えています。

食生活のバランスが良いとそれだけで自然と健康を保つことができ、お肌のハリツヤもキープされます。バランスの良い食生活にしようと思うとやっぱり自炊が一番手っ取り早いですから、料理の腕も上がるでしょう。

素敵な女性は生活力が高い

自分の口に入る食事に気を遣っていて、日々の食事をきちんと自分で作ることができる女性は、男性から見ても女性から見ても生活へのモチベーションが高い女性に見えます。そんな生活力の高さは、素敵な女性に欠かせない条件のひとつといえるでしょう。

素敵な女性の特徴6 身の回りがキレイに片付いている

整理整頓している素敵な女性

素敵な女性は、身の回りの整理整頓が得意です。基本的にキレイ好きで掃除を日課にしているからこそ、いつでもスッキリとした身の回りをキープできますし、そこからかもし出される清潔感が女性をより素敵に見せてくれるのでしょう。

さきほどの食生活の話と同じく、身の回りがスッキリしている女性も、それだけで生活力の高さを感じさせます。自分の生活を自分できちんと気持ちよく保てるということが、素敵な女性を語る上では重要なポイントです。

体験談

母親のように

るい(20代前半)のお話

わたしの周りにいる素敵な女性で最も身近なのは母親です。わたしの母親は子供からしたらとても素敵な母親だと思います。まず素敵だと思うのが母親の仕草や言葉遣いです。昨今、女性の言葉遣いが乱暴になっていると私は感じます。私の友達でも男性のような言葉遣いをする人もいますし、あたりまえになっているのだと思います。仕草も、例えば電車の中で足を開いて座る女性というのを頻繁にみかける気がします。そのようなものと比較して、私の母は立ち居振る舞いが綺麗だと感じます。女性にとって立ち居振る舞いは印象に残るとても大切なものだと思います。

素敵な女性の特徴7 女性であることを楽しんでいる

イキイキしてる素敵な女性

最後の条件は、何より自分が女性であることを100%謳歌すること!女としての自信がないから…と極端に自分を卑下するような態度を取ってしまったり、逆に女性として利用できるものは何でも利用しなきゃ!と躍起になりすぎていたりすると、どちらにしても女性としてもったいない感じがしてしまいます。

素敵な女性は自分が女性であることに対して自然体で、女性としての自分を積極的に楽しもうとしています。周りが自分をどう見るかではなく、自分が女性としてやりたいと思うことを素直に実践しているその姿が、周りから見ると眩しく映るのです。

素敵な女性は自立している

女性たちからも尊敬の目で見られる素敵な女性は、社会的な自立と参加に積極的に関わっている人たちです。女性として様々な社会的制約がある中での彼女達の活躍は、同じ女性からも素敵な生き方だと共感されるようです。そんな体験談をご紹介します。

体験談

年齢に関係なく自分の夢に向かって進んでいる方はかっこいい

まな(30代後半 38歳)のお話

以前の職場の女性上司です。通信制高校で勤務していた時にその上司と出会いました。その当時40歳前後だったと思います。元OL,学生時代はバンドをやっていたとの事。また生徒に限らず保護者や同僚にまで親身になって対応する姿を見て是非見習わなくてはと感じさせられました。しかしその上司は私が入社した2年後にすっぱりと退職し、夢であった小学校教師に向けて勉強に励み、3年かけて正職員になりました。40歳を超えてから教員採用試験に果敢にチャレンジしている姿や何に対してもあきらめない姿勢を貫いた上司は今でも憧れの人です。

体験談

仕事も家庭も

かつ(49歳)のお話

なんとなく大学を卒業し結婚し主婦になりましたが、私の周りには教師をしながら子供も立派に育てているママたちがたくさんいます。もちろん教師でなく一般企業で子供も立派に育てているママもいます。私の場合大学入学時教師の夢をあきらめました。しかし周りのママたちをみると若いときから夢をしっかり持ち、それに向かって勉学に頑張ってきた人たちって素敵だなと思っています。私は努力しなかったので。そしてその彼女達の子供はママの背中を見て育ってきたのでしょう。とてもしっかりした子供が多いように感じます。仕事と子育て、私たちには見えない苦労や悩みもたくさんあったと思いますが、そんな彼女たちをみているととても素敵だなと思います。

体験談

子育てと仕事の両立

はんな(36才)のお話

20代中頃に働いていた会社の女性社長。当時30代中頃で、社長が第2子妊娠中(確か当時8ヶ月だった)に私が中途入社しました。その後社長は無事出産。普通ならば産休を取り1年位は出てこないもの、と思っていたのですが、彼女は1週間で床上げ、会社復帰。すごいな、と思ったのと同時に会社を支えなければならない人はそうでなくてはいけないのだな、と思った記憶が有ります。自分自身が会社を起したり経営したりする予定は当時も今もないのですが、その覚悟はすごいなと思いました。

社会人として働きながらも自分の目標を持ち続ける女性達は素敵な女性に違いありません。そんな女性達の話をご紹介します。

体験談

スーパーウーマンな同期

ピクシー(27歳)のお話

以前働いていた会社の同期は、一言でいうとスーパーウーマンでした。超難関大学出身で、学生時代はバンド活動、起業、ボランティア活動を同時並行に行うバイタリティ溢れる女性です。一方で経歴とは想像がつかないくらい美容やおしゃれに詳しく、同期の誰よりも女子力の高い人でした。話してみると、ただの天才ではなく、時間の使い方や周囲へのアンテナの張り方などは今までの人生で努力した結果身につけたとのことでした。私も彼女の三分の一も努力していないので、まずは目標に向かって努力し、彼女のように自分なりの人生観を確立したいと思いました。

体験談

同期の勇気に感動

ぷりっち(35歳)のお話

私がまだ20代だったころ、同じ職場に、上司の前では真面目そうにしながら、すぐに仕事をさぼり、すぐにキレる男性先輩社員Hがいました。注意するとキレるので、みんなうんざりしながらも腫れ物扱いでした。そんなある日、上司も参加する定例会議で、私の同期のKさんがHの仕事ぶりを指摘し、「これでは部のチームワークがうまくいかない」と部長に報告したのです。Hは部長の前なので、始めは笑顔さえ見せながら言い訳をしていましたが、冷静に実例を挙げていくKさんに、とうとうキレて喚き出しました。それを見た部長は「Hくん、あとで話がある」と会議は終了。坦々と話していたKさんでしたが、ふと彼女の手を見ると、小刻みに震えていて、相当勇気を出して発言したのだな、と胸が熱くなりました。Hはその後経った、地方の支社に転勤になったあと、退社したそうです。10年今でも、Kさんは私の憧れであり目標です。

素敵な女性になるために今の自分ができること

素敵な女性になるための7つの条件をご紹介してきましたが、そこから見えてきた素敵な女性の特徴は、生き方そのものに前向きなエネルギーがあることです。言葉や考え方が前向きなだけではなく、素敵な女性は自分の生活を良くしていくための行動をガンガン起こせるエネルギーを持っています。

そんなエネルギー一体どこから湧いてくるの?と思われた方も多いかもしれませんが、それはやっぱり自分の好きなことや好きなものになるべく長い時間接し、ストレスが溜まったら自分で上手に息抜きすること、基本はこれに尽きます。
今回ご紹介したポイントやいい女の条件も参考にして、自分の中でどんどん良い循環を作っていきましょう。

メニュー閉じる