上手な甘え方で男性にカワイイと思わせるおねだりテク5つ

男性への上手な甘え方をご紹介!男性は女性から頼られたいという願望を持っているにで、女性に甘えられることを嬉しいと感じるものです。彼氏への上手な甘え方を知っていれば、きっと彼女のあまりのかわいさにあなたを手放せなくなるはずです!

上手な甘え方で男性にカワイイと思わせるおねだりテク5つ

上手な甘え方、あなたは出来ていますか?最近では、女性が男性に甘えるシーンもなかなか目にしなくなってきているかもしれません。草食系男子が流行っていて、女性も強くなっていますから、強い男性に弱い女性が頼る構図は過去のものなのかも。

しかし、男性は心の中では、女性に頼られたい、甘えてもらいたいと思っているようです。とは知ってはいても、どうやって甘えればいいのかわからないという女性や、恥ずかしくて甘えられないという女性も多いですよね。そこで、そんな女性のために、どんな甘え方をすれば男性が喜んでくれるのでしょうか?上手な甘え方を5つご紹介します。

男性への上手な甘え方5選

甘える=悪い事ではありません。それどころか、こと恋愛においては、甘えることは非常に有効なテクニックだと言えるでしょう。男性は基本的に人に頼りにされたいと思っています。それが女性ならなおさらです。そこで、上手な甘え方をしてそんな気持ちを刺激してあげれば、もっともっと愛されること間違いありません。

1 頼って甘える

男性は、「○○君は~が出来る」と思われることに満足します。そして、出来ないことは認めません。なんだか小さい子どもみたいですが、実際にそうなのです。男は時に小さな子どもと同じようにおだてて頼ってあげると喜びます。

頼って甘える

そこで、自分が出来ないことを「あなたなら出来るから、お願い」と頼って甘えちゃいましょう。甘えの王道テクニックですが、簡単で効果バツグンです。「重たくて持てないから持ってもらえる?」「高くて届かないから取ってくれる?」などなど、シーンも選びません。

甘えるのが苦手だ、甘えたことがないからどうしていいのかわからない、という女性でも、ちょっとしたお願いなら出来ますよね。

頼って甘えればオトコは喜ぶ!

男性は能力を認められることに至上の喜びを感じるもの。重いものが持てる、高いところに届く、なんてことでもいいのです。「私じゃ出来ないからお願い!」と頼めば、喜んでしまうのです。

2 自分には出来なかったことを頼む

1の続きとも言えるテクですが、なんでもかんでも甘えてやってもらうのでは、ただの甘ったれオンナです。なので、男性に頼って甘える前に、あえて自分でやってみることが大事です。自分でやってみて、出来ないから「お願い」と言えば、男性もこころよく引き受けてくれます。

自分には出来なかったことを頼む

家事や料理なら、自分でやって失敗してもいいでしょう。「キャー、失敗しちゃった。ごめんね、やって~」と言うように、頑張ったアピールをセットにして甘えれば、男性は「しょうがないなぁ」「カワイイなぁ」と喜んで手を貸してくれますよ。

失敗してから甘えればオトコは喜ぶ!

自分でやりもしないで頼ってばかりいたら、ただの甘ったれオンナ。自分でまずやってみて、出来ない姿を見せたり、可愛く失敗してから頼って甘えれば、「しょうがないなぁ」と男は喜んで助けてくれます。

3 電話で甘える

もう少し難易度が高いテクニックとしては、電話を使う方法があります。面と向かっては恥ずかしくて甘えられない、という場合にも有効です。

電話で甘える

電話なら、相手の顔が見えないので大胆になれるのでは?「いつも助けてくれて嬉しい」「頼りにしてる」「○○くん(さん)がいなきゃだめなの」などなど、普段顔を見ては言えないようなことを、ストレートに言ってみましょう。

電話の最大の利点は、事前に準備が出来るところです。前もってなんて言おうか、殺し文句を考えておいて、メモに書いて見ながら話せば、思い通りに会話をすすめることが出来ますよ。彼が喜びそうなセリフを言ってあげて、受話器の向こうの彼を喜ばせてあげましょう。あなたの顔が見えない分、彼は妄想して喜びも倍増します。

電話で甘えればオトコは喜ぶ!

彼が萌えそうなセリフを準備しておいて、彼に電話で甘えちゃいましょう。普段言えないようなことも言えるのが電話です。メモを準備して、計算づくで彼を喜ばせて!

4 視線で甘える

言葉に出して甘えるのはハードルが高いな…という女性にオススメの方法がこちら。視線で甘える方法です。甘える気持ちを瞳にこめるだけなので、簡単ですよね。具体的に言うと効果的なのは…ズバリ上目遣いです。

視線で甘える

上目遣いは、あまりに見え透いていて使い古されたテクニックですし、同性には非常にウケが悪いですが、男性にはまだまだ効果テキメン!くれぐれも他の女性の目がないところでやってくださいね。

甘える内容としてはなんでもアリ。一緒にどこかへ行ったり食事をしたなら、別れ際に「まだ帰りたくないな~」と言ったり、何かを怒って見せる時に上目遣いで可愛くにらんでみるのもGOOD!彼はたまらなくなって、あなたを抱きしめてしまうかも!?

視線で甘えればオトコは喜ぶ!

上目使いはまだまだ鉄板テクと言えそう。甘える気持ちを瞳にこめて、彼を見つめてみましょう。男性は甘えられるのが好きなので、たまらなくなってしまうはずです。

5 触れて甘える

こちらも、言葉ではなく態度で甘えるテクニック。言葉で甘えるよりハードルは低いので、甘えることに慣れてない初心者向けと言えるかも。でも、一応スキンシップなので、一気に関係が加速する可能性もあるのでドキドキ感もあります。

触れて甘える

方法としては、例えば彼と歩いている時にわざと遅れて、「ちょっと待って~」と言いながら彼の腕を掴んでみたり、電車に並んで座っている時に、寝たふりをして彼にもたれかかってみたりしてみましょう。

彼と一緒にお酒を飲む機会があるのなら、お酒の力を借りて、酔った勢いで彼に寄り添っちゃう方法もあります。もちろん、本当に酔うのではなく、酔ったフリです。酔っていれば、気まずくなることもありませんし、何かあったら覚えていないことにも出来るので便利ですよ。

男性は、スキンシップに弱いですし、スキンシップが大好き。肌と肌が触れ合うと、二人の距離も一気に縮まります。これを上手く利用するのです。 

触れて甘えればオトコは喜ぶ!

ふいに彼の腕を掴んだり、つかまったり、彼にもたれたり。そうしようと思っていればチャンスはわりとたくさんあるものです。彼に触れて、彼をドキドキさせちゃいましょう。お酒の力を借りれるなら、酔ったフリが出来るのでよりオススメです。

上手な甘え方で少しずつ距離を縮めて。

上手な甘え方をするには、最初からいきなりベッタリ甘えようとすると、失敗します。最初は少しだけ甘えて、徐々に経験値をつんでいきましょう。そして、タイミングを見計らってスキンシップに持ち込めば、彼はもう嬉しくてたまらなくなってしまうこと請け合いです。

誰も嫌いな相手に甘えたりはしませんから、ちょっとずつ甘えることで彼にあなたの気持ちも伝わりますし、彼とあなたの距離は間違いなく縮まります。上手な甘え方をマスターしたら、長続きするカップルの特徴まとめもチェックして、モテ女を目指しましょう!

メニュー閉じる