電話したいけど言えない…モテ女の好きな人への電話マナー

「電話したいんだけど、彼に迷惑だと思われたらショック……」となかなか好きな人に電話できない女性は、多いでしょう。それがたとえ彼氏でも、顔が見えない電話に不安を覚える人も多いです。男性心理を知って、迷惑にならない電話マナーを身に着けましょう!

電話したいけど言えない…モテ女の好きな人への電話マナー

彼に電話したいのにできない……そんな悩みは即解決!

片思いの彼や付き合ったばかりの彼。声を聞きたい、何をしているのか知りたい、電話したい!相手を好きなら当然の感情です。ただ、電話は顔が見えない分失敗することも多く、かけるのは勇気がいるものです。電話を恋愛の最強のツールにするために、相手が男性の場合の電話のマナーと、もっと電話したいと思われるコツをご紹介します。

電話したいなら守るべき電話マナー6つをおさらい

相手が男性の場合、守りたいマナーがあります。電話に対する向き合い方が全く違う男性と女性。電話で失敗しないためにも一度チェックしてみてください。

電話したいなら1 電話する時間帯で“ウザい”と思われる危険

電話のタイミングは、男性にとっては結構重要。なぜかというと、女性は同時に2つ以上のことをできるのに対して、男性は1つのことに集中する性質があるからです。テレビを見ながら・食事をしながらなど“ながら電話”が苦手なのです。ですから男性が何かをしている時に電話がかかってきてしまうと、集中していたことを続けたいという心理もあり、場合によっては“ウザい”と思われてしまうこともあるので注意したいですね。

スマホを見て困った顔をするネクタイ姿の男性

彼に電話するときのマナー1

予めデートの時や事前のメールなどで、電話していい時間帯を把握しておき、そこを狙って電話する。

電話したいなら2 電話の長さを予め決めておいて自分から切る

男性は、女性のようにダラダラとしたおしゃべりが苦手。相手がヒマでしょうがない時は別として、普段からおしゃべりを長時間楽しめる人はなかなかいないものです。ですから、女友達と電話しているときと同じ感覚でダラダラ話していると、最初のラブラブな時期は我慢できても、そのうち「電話疲れる」と思い始めてしまうことも。それを防ぐためにも、自分から電話をする時は△時までとか10分話そうなどと決めて、その時間がきたら必ず切るようにするとダラダラとすることがありません。相手次第では、「△時まで電話付き合ってくれる?」と時間を指定する方が上手く行く場合も!試してみてくださいね。

彼に電話する時のマナー2

どんなに彼の反応が良くても、もう少し話したいと思う程度の時間で、女性の方から電話を終了する。

電話したいなら3 最初と最後のたった二言でグッと好印象に!

男性の中には、電話が面倒だったり苦手だと感じたりする人がいます。できるだけ相手の立場に立って電話を楽しみたいもの。そこで電話の最初に、「今、大丈夫?」と一言聞くようにしてみてください。少しでも都合が悪いようなら、急の用事でなければ「声聞きたかっただけだから、また電話させてね」と明るく切るようにします。そうすることで、彼はあなたからの電話が、苦痛にならなくなります。また、電話を切る時は「声聞けて嬉しかった!」「付き合ってくれてありがとう!」などと、自分の気持ちを一言添えると、次の電話も楽しみにしてくれるでしょう。

電話して、「今、大丈夫」と聞く女性

彼に電話する時のマナー3

電話では、必ず気持ちを言葉にして、相手にも言葉で伝えやすい環境を作ってあげましょう。

電話したいなら4 ネガティブな内容は電話ではタブー!軽く聞ける話をセレクト

ある程度仲が深まって、相手の電話への距離感が分かっているならいいのですが、付き合い始めた時は、なるべくネガティブな話題は電話でしないように心がけたいもの。相手の顔の見えない電話では、相手もあなたの表情が分からず誤解を招いたり捉え方を間違えたりすることもあります。難しい話やネガティブな話は顔を見て話すようにして、電話では軽い話題を選ぶようにしましょう。

彼に電話する時のマナー4

電話では明るい話題をテンポ良く話すようにしましょう。

電話したいなら5 「寂しい」「会いたい」の言葉はNG

泣き出しそうな表情でスマホを耳に当てる女性

男性は、目の前に問題が出てきたら、その場で解決したいと思う性質があります。切ない声で「会いたい」などと言われてしまうと、解決できない問題に対してイラ立ちが出てきてしまうのです。明日の仕事の都合や移動距離次第ではその日には行けない場合も多いので、本気で困ったりイライラしたりと、楽しい会話ができなくなってしまいます。女性が軽い気持ちで言う言葉も、男性は流せないことも多いので、甘えたい気持ちは会ってからに取っておいた方が無難です。

彼に電話する時のマナー5

彼にムリをさせるような甘え方は、電話では避けるようにしないと“面倒な女”になってしまうことも……。

電話したいなら6 周囲に人がいたり騒がしい場所からは電話しない

女性と比べて、男性は電話先の環境が気になってしまう人が多い特徴があります。飲み会で周囲が騒がしいのに彼に電話をすると、声が聞き取れなかったり騒がしい環境に彼女がいたりすることに、イラ立ちが出てきてしまうことも。付き合いの長い彼ならある程度は大丈夫ですが、付き合ったばかりの関係なら、できるだけ騒がしい場所からの電話は避けるようにしましょう。

彼に電話する時のマナー6

付き合ったばかりの時は、彼との電話に集中できる環境でのみ電話しましょう。

彼に「また電話したい」と思われる女と思われない女の違い

基本的に男性は電話を楽しむのが苦手。ですが、少しの違いで「電話もいいな」と思ってもらえるようになります。そう思わせるコツは?

「電話したい!」と思わせる女1 自分のことばかり話す女はNG

彼女からの電話をうんざりした顔で聞く男性

「今日○○に行ってね、○○ちゃんと会ったの。それで……」と男性がどうでもいい話ばかりを聞いていられるのは、本当にラブラブな付き合いたての時期だけ。電話は顔も見えないので、脈絡のない話をダラダラされるのは苦痛しか生みません。電話の特徴は、会っている時より会話に集中できる点。相手にいつもは聞けないような話を聞いてみたり、彼の話にゆっくりと耳を傾けたりすると、話し終えた男性は電話を切った後スッキリした気持ちになってくれます。

電話を切った後の彼の心理は

話すことはストレス発散になるので、自分の話をたくさんできると電話することで癒しを感じられるようになります。

「電話したい!」と思わせる女2 少し物足りないくらいで切り上げる

電話を切る女性

マナーの項目でもありましたが、もう少し話していたいと相手が思うくらいで切るのがベスト。少しでも疲れを感じてしまうと徐々に電話が苦痛に思えてきますので、そう思わせないようにしなくてはいけません。彼が「まだいいよ」と言っても、できるだけ短時間で楽しい会話を楽しんで切るようにしましょう。

電話を切った後の彼の心理は

長電話で「ふぅ~」と疲れたため息を吐かせるより、「もう切っちゃった」という寂しさを相手に感じさせた方が長く愛される!

「電話したい!」と思わせる女3 普段は言えないことを言っちゃう

「電話もいいな……」そう彼に思わせるには、普段と違うあなたを見せる必要があります。1番分かりやすいのは、電話で「こんな所がすごいよね」「カッコいいよね」など、愛情をストレートに伝えたり素直に相手を褒めたりするようにすること!普段は言ってくれないけど、電話だと言ってくれるという付加価値が、彼に「もっと電話したい」思わせることができます。また、普段は話さないような内容の話をあえてするように心がけると、電話とデートの違いが出ていいですね。思い出話や、彼の興味があることをじっくり聞く時間にするなど、普段と少し変化をつけるとお互いのことも分かるのでいいですよ。

電話を切った後の彼の心理は

デートの時と電話の時の二面性で、どちらも楽しめる関係に

電話で嫌われることもあるので要注意

電話というのは、男性と女性では全く向き合い方が違うので、あまり間違った使い方をすると嫌われたり、相手の迷惑になってしまう危険もあるので注意したいですね。マナーを守って、お互いが電話を楽しみ、お互いの気持ちを高めるツールにできると最高ですね。

心理学では、コミュニケーションで相手から受け取る情報の割合は、表情や身振り手振りなどのボディランゲージが55%、声色や声音などの話し方が38%、そして話の内容が7%だと言われています。直接会って話しているときよりも、電話なら声音、メールやLINEなら顔文字が重要となってきます。大好きな彼と失敗したくない女性は、好きな人とLINEする方法も一緒にチェック!

メニュー閉じる