SNSでよく見かける「リア充アピール」じわっとムカつく投稿5つ

リア充アピールの投稿が並ぶSNSってなぜかイラッてしますよね。特に理由もなくイラッとするのはなぜなのでしょう?「ワタシのほうが地位的に上!」とアピールされているようでムカつく友達の投稿を紹介します。

SNSでよく見かける「リア充アピール」じわっとムカつく投稿5つ

SNSで繰り広げられるちょっと痛い「リア充自慢」

FacebookなどのSNSでは、来る日も来る日もリア充自慢大会が繰り広げられています。このようにSNSでリア充アピールをしている女性は多く、実際はリア充とかけ離れた生活をしているにもかかわらず、あたかも「私、リア充ですから!」と言わんばかりに必死のアピールしてくる女性もチラホラ見かけます。その狂気に満ちたリア充アピールが透けて見えて、周りからすると正直イタい…今回は、そんなリア充(?)たちのイタいアピールの代表例を5通りご紹介します。

1 男性が写り込んだ写真

スイーツの写真と見せかけて彼氏アピール

「カフェでまったり 」のコメント付きで投稿された1枚の写真。手前にあるスイーツをメインに撮っていると見せかけて、その奥には何やら男性らしきシルエットが写り込んでいる…そんな「男性とデートしてまあす 」とオトコのニオイを漂わせるこちらのリア充アピールは、したたか女子の常套手段です。

リア充で困っちゃう!

あえて「デート」とは書かず「アタシはそんなに恋愛にガツガツしてないので、別に」という印象を与えつつも、「男性とデートとかできちゃうアタシ」をきっちりアピール。
そうしてモテない女子たちの劣等感を煽っているのです。ヤな女…。

2 友達への名指しメッセージ

「私の中で今日はひとつの記念日になりました。本当に大切なものは何か、気付かされたから… ○○、私を叱ってくれてありがとう

なんだかちょっと良い話風の投稿ですが、SNSでこういった投稿を見かけた人の大半は「それをわざわざここで披露する必要あるのか?」と引いてしまいます。特定の誰かに宛てたメッセージなら、本人にお礼を言えばいい話です。

リア充で困っちゃう!

このように、わざわざポエム風のありがとうメッセージをSNSに投稿する意図は、私には「かけがえのない友達がいるの、ホントだよ?」というアピール。なんだかちょっと切なくなってしまいます。

3 連日の飲み会で「飲み過ぎちゃった」報告

飲み会に参加する女性

数あるリア充アピールの中でも、かなり出現率の高いのが、飲み会が多すぎて困っちゃうアピール。「もう、やんなっちゃう〜」と愚痴に見せかけたリア充アピールは、投稿した本人としては、この感じなら反感を買いにくいだろと思いがちですが、その思惑はザンネンながらミエミエです。
「そこまでしてリア充自慢がしたいんだ…」とイラめいた反感をドカ買いする投稿。

リア充で困っちゃう!

「今日でもう5日連続の飲み会!お誘いは嬉しいけど、さすがにもう勘弁して〜(笑)」
(訳:アタシって毎日飲み会に誘われる人気者!友達たくさん!)

4 写真に写り込んでいるブランドのロゴ

ブランドのロゴをアピールするショッピングバッグ

「今日のコーデはこんな感じ☆」と買い物帰りにパシャっと自撮りした写真をアップ!腕にぶら下がっている紙袋には有名ブランドのロゴマーク…。あくまでも「今日のコーデ」として投稿しているところがあざとく、男女問わず嫌悪感を抱いてしまうパターンです。

リア充で困っちゃう!

素直に「憧れのブランドショップでお買い物!」としたほうがまだ可愛げがあるってもんだよコノヤロウ!

5 カフェで勉強している自分に心酔

カフェで勉強してるワ・タ・シ

大学生にありがちなリア充アピールですが、最近では意識高い系の社会人アピールとしてもよく使われるこの手法「カフェで○○と試験勉強中~マジ間に合わない!焦る!」「仕事帰りにちょっと寄り道。社会人になるとこういうひとりの時間も大切だよね」などと投稿したくて、今夜も参考書やら会社四季報やら小難しそうな本をたっぷり持ち込んでカフェに通ってしまうのです。

リア充で困っちゃう!

試験勉強や自分磨きをする姿勢には「いいネ!」なのですが「なんでわざわざオサレなカフェで勉強しちゃうの?」という疑問が脳裏をかすめ、なぜだかイラッとくるという人も多いようです。

あざといリア充アピールは「よくないネ!」

以上5つのリア充アピールは、どれもどこかしらあざとい印象があります。ストレートに自慢すると嫌味と思われるかも…という余計な心配がこのような回りくどいアピールを生み出してしまったかどうかは定かではありませんが、自慢したいなら堂々と「いま、初めてできた彼氏と一緒にオシャレなカフェに来ております!

メニューには見慣れぬカタカナの料理ばかりで何を頼んでいいのかさっぱりわかりません!」と正直に実況を中継してくれると、あなたの友達はさわやかな気持ちで「よかったね!」ボタンを心の中でクリックしてくれるでしょう。

また、モテる女の特徴は顔や見た目じゃない特集をチェックして、みんなから愛される女を目指してくださいね。

メニュー閉じる