肌が綺麗になりたい女性の生活習慣&スキンケア改善方法

肌が綺麗になりたいという願いは女性ならみんなもっていますよね。美肌になれる人となれない人がいるのはもしかしてアナタのスキンケアや食生活などの生活習慣が間違っているのかも?美肌を手に入れるケア方法を紹介します!

肌が綺麗になりたい女性の生活習慣&スキンケア改善方法

肌が綺麗になりたい女性がやるべきケア6選

肌が綺麗になりたい!女性ならみなさんそう思っているはずですよね。でも、美肌になるための情報を敏感にキャッチして、新しいスキンケアや化粧品もどんどん試しているのにも関わらず、まだ美肌を手に入れられない女性も多いのではないでしょうか?すでに勘付いている方もいらっしゃる通り、どんなに高価な美容液やクリームを使っても、綺麗な肌になれるとは限りません。今回は、肌が綺麗になりたいあなたがやるべき美肌ケアをご紹介していきましょう。

肌が綺麗になりたいなら「スキンケア3つの基本」を守るべし!

毎日朝晩の基本となるスキンケアが、意外にきちんとできていないという女性もいます。美肌は、毎日の積み重ねで作られるのですが、基本が間違っていてはいつまで経っても綺麗な肌にはなりませんよね。もう一度しっかり基本を見つめ直しましょう。

1 肌が綺麗になりたいなら洗顔の基本を守るべし!

夜はクレンジングだけ、朝はお湯や水だけで洗っているという人はいませんか?クレンジングと洗顔料では、汚れを落とす目的が違います。クレンジングはメイクの油汚れを落とし、洗顔料は皮脂汚れを落とします。夜はクレンジングと洗顔料を使い、しっかりと1日の汚れを落としましょう。

aaa

お肌は睡眠中でも意外と毛穴から汗をかき、汚れているのをご存知ですか?朝の洗顔時に水やお湯だけでは皮脂の汚れを落とすことはできませんので、必ず朝も洗顔料を使って顔を洗いましょう。

泡がクッションの役割を果たし摩擦を防いでくれるので、洗顔料はよく泡立てて使うことが大切です。ゴシゴシ力を入れて洗わずに、TゾーンやUゾーンなど皮脂分泌の多いところから順に、泡で包むように洗って下さい。特にすすぎには時間をかけて、丁寧に洗顔料を洗い流しましょう。

2 肌が綺麗になりたいなら保湿の基本を守るべし!

せっかく汚れを落としても、保湿を怠ると肌荒れを引き起こす原因になってしまいます。洗顔の後は基礎化粧品を使って、たっぷりと入念に保湿するようにしてください。濡れたまま肌を放置するのはNG!肌についた水分が乾くとともに、肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。タオルで水分を拭いたら、すぐに化粧水をつけましょう。

化粧水をつける女性

化粧水だけで済ませてはいませんか?肌の内部に潤いを与える化粧水ですが、それだけではせっかくの美容成分が肌の水分とともに蒸発し、結局乾燥してしまいます。化粧水の後は、油分を含んだ保湿クリームでしっかりフタをして水分を逃さないようにしてください。

3 肌が綺麗になりたいならUVケアの基本を守るべし!

シミやシワを作る紫外線は、肌にとって大敵です。UVケアに力を入れている女性も多いですよね。UVクリームや日傘、帽子で紫外線を防ぐことはスキンケアでは基本中の基本なのです。「夏」というイメージがある日焼け止めですが、紫外線の量は5月から増え始めます。肌の真皮にまで届く紫外線のリスクは大きく、肌の老化をどんどん進行させるので、「夏限定」とせず、年間を通しての使用が好ましいですね。

海辺で帽子を被って日傘をさす女性

日常使いにはPA+かPA++、SPF15や20くらいの日焼け止めクリームがおすすめです。PAもSPFもそれぞれ数値が大きくなればなるほど効果が長持ちしますが、そのぶん肌への負担も大きくなります。時間が経てば効果は低くなり、汗で流れ落ちてしまうと効果もくなってしまうため、数値が低めの日焼け止めであっても何度も塗り直すことで、高い効果を持続させることができます。

晴れの日ばかりではなく、曇りでも紫外線は降り注いでいます。一度浴びた紫外線は無かったことにできないのが怖いとところでどんどん体内に蓄積されます。日焼けはもちろん、シミやシワ、そばかすなどの原因になってしまいますので、UVケアは念入りに行いましょう。

美肌の基本3原則

  •  洗顔・保湿・UVケアの基本は毎日しっかり行いましょう。
  •  「クレンジングだけ」「水だけ」洗顔では意味がありません。
  •  間違った基礎化粧品の使い方は、肌の水分を蒸発させ乾燥させています。

美肌を作るために取り入れたい3つの生活習慣

美肌を作るのはスキンケアだけに限ったことではありません。多忙な毎日でおろそかになっている生活習慣の全てがお肌に影響を及ぼしているのです。つまりは健康な体を作ることこそが、美肌に繋がっていくというわけ。そのためにも是非とも取り入れて欲しい生活習慣があるのでご紹介しますね!

美肌習慣その1 睡眠は量より質を重視する

眠る女性

忙しいときには、どうしても削ってしまうのが睡眠時間ですね。寝不足が肌に悪影響を及ぼすことは、女性ならみんな知っているはず。それでもやらなくてはならないことがある時は睡眠時間の確保がなかなか難しいでしょう。そんなときは、短い睡眠時間でも“睡眠の質”を上げるだけで肌は変わります。よく「22時から2時までが美肌のゴールデンタイム」と言われていましたが、現代社会では別の考え方もあるようです。

そもそも美肌のゴールデンタイムとは、成長ホルモンの分泌に関わっている時間で、就寝から3時間後に成長ホルモンはピークを迎えると言われています。細胞を修復・再生し、肌の老化を防ぐ成長ホルモンの分泌量を増やすためには、入眠後3時間以内に深い眠りに入っていることが大切です。短い睡眠時間の中でも質を高めるために、眠る前の行動に注意しましょう。就寝前はテレビやスマホの閲覧などの脳を覚醒してしまうような行為は控え、リラックスしてベッドに入ることが重要なのです。

美肌習慣その2 アンチエイジングな食事を意識する

健康食品

食生活は、肌に多大な影響を与えています。偏った食事で栄養不足になると肌はカサカサになりますよね。そして、腸内環境の影響も肌にすぐに表れます。腸内環境を整える、乳酸菌を含んだ乳製品や食物繊維を摂りましょう。便秘が解消され善玉菌を増やすことで、肌荒れやくすみを解消できます。

また、女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」を多く含む豆乳などの大豆製品も積極的に摂ると良いでしょう。老化を促進する活性酸素を除去するためには、抗酸化作用のあるバナナやアボカド、緑黄色野菜や香味野菜が効果的と言われています。

美肌習慣その3 ストレスフリーを心がける

窓から外を見ながらミルクを飲む女性

ストレスも肌へ悪影響を及ぼす要因のひとつです。しかし、ストレスを取り除くことほど難しいことはないかもしれませんね。通勤通学などの人混みや仕事や学校での人間関係、食生活の乱れや睡眠不足など…あらゆるところにストレスの種は落ちています。そしてそれらを完全に避けて通ることは不可能ですよね。

それならば、少しでもリラックスできる時間を増やして、ストレスを解消していくのが健やかなお肌を作るカギになります。優雅なバスタイムを作り、ゆっくり湯船に浸かるだけでもリラックス効果があるのです。また、軽いストレッチを行うと肉体的にも精神的にもリラックスできますよ。

美肌のための生活習慣

  • 短い睡眠であっても入眠3時間後の質を上げるようにしましょう。
  • バランスの良い食事を心がけ、腸内環境を整えましょう。
  • ストレスを発散させるためにもリラックスできる時間を作りましょう。

肌がきれいになりたいなら毎日の努力が必要

肌が綺麗になりたいと思っているのに、忙しさのあまり「今日ぐらいはいいか」と思ってしまうことがありますよね。美肌は一夜にしてならず・・・毎日根気よく努力をした人だけが美肌を手に入れることができるのです。美肌を意識した時間が、忙しいアナタの癒しの時間になるように、結果を楽しみに行ってください。美肌を手に入れたら、綺麗になりたい女のまとめをあわせて読んでおくことをおすすめします。今よりもっときれいになったら憧れの男性とのステキな恋を手に入れるのも夢じゃないかもしれません☆

メニュー閉じる